2010年5月 5日

【お知らせ】SPLM販売期間の延長について

拙書「SOLEIL PHOTO LOG M」(ソレイユフォトログエム)ですが、出版元の㈱文芸社の計らいで、引き続き、2014年2月まで書店等で購入することができるようになりました。ゼヒ、コノキカイニ…(^◇^;)>モウイッサツ…

| | コメント (0)

2010年1月 1日

ソレイユ回顧ロク・4~出会い編、そして…

スモールエッグにはじめて出会ったのが、インターネットなら、あの“タマゴ使い@岐阜”(当時、タマゴ候補生@岐阜)氏に出会ったのも、このインターネットでした。

R274道の駅「マオイの丘」道の駅「鹿追」SECOM自宅SECOMオロロンライン北上旅キャンピングフェスティバル乱入劇夏大冒険Mt.FUJI

とにかく、あのコメント(2006年5月)がなかったら、このブログも、あの旅も、そしてスモールエッグをきっかけに始まる貴重な出会いの数々も、きっとこの世には生まれなかったでしょう。月並みな言葉になりますが、彼にはいろいろと今も感謝しています。(写真:2009年12月、思い出の道の駅「マオイの丘」にて)

Img_9668おかげさまで、楽しい4年間になりました。このブログ「SOLEIL PHOTO LOG」を通して、いろいろな方々と出会い、充実したオフタイムを過ごすことができました。妻も、娘も、王子(息子)も、そして私自身も、とても幸せな時間を皆様からいただいたと思っています。

本当にありがとうございました。現在育休中の私も、4月からは再びオンタイムの中に戻っていくわけですが、また何か新しい挑戦をしたくなっています。

今以上に自然を感じていきたい。今以上に家族を大切にしていきたい。スモールエッグの「たまごろう」がくれたたくさんの素敵な出会いと家族のKI・ZU・NAを大切にして、これからもまた走っていこうと思います。(終)

| | コメント (10)

2009年12月31日

ソレイユ回顧ロク・3~スモールエッグ編

家族でまた遠出したいなぁ…けど、ビーカブだったら積みこめる荷物の量に限界があるし、かといってオープンエア・ドライブも捨てがたい。

Img_9212トラベルトレーラー(キャンピングトレーラー)は、そんな私の2通りのわがままを、上手に解決してくれるドラえもんのような、夢のアイテム(ちょっと大きめ)でした。

「えっ?!総重量750㎏以下だったら、牽引免許がいらないの?」「運転も、連結も難しくないの?」

その答えは、両方ともYES!YES!! ちょっと手を伸ばせば届くところに、スモールエッグというコンパクトトレーラーがあって、それも、ちょっと足を伸ばしたところには、そのスモールエッグを取り扱っているキャンピングカーショップがありました。なんか、運命的な出会いだったなぁ…と今でも思っています。(写真㊤:2009年9月、上富良野日の出公園AC場にて)

Img_9321

こうして、2006年2月25日、拙ブログ「SOLEIL PHOTO LOG」がスタートすることになったわけです。名前も、スモールエッグの“エッグ”にちなんで、「たまごろう」と名付けました。

わざわざ自宅の庭を削って駐車スペースを作り、庭野玉五郎(庭に置いてあるスモールエッグ:写真㊦)というネーミングで、仕事部屋として使ったり、室内のコンロでコーヒー豆を焼いて飲んだりして楽しんだりもしました。もう一人、家族が増えたような感じで、自宅での生活も、また一風変ったものになりました。

| | コメント (2)

2009年12月30日

ソレイユ回顧ロク・2~ビーカブ編

とにかく、家族で楽しいことがしたい。

Img_8599_2コンパクト、オフロード、ワンボックス…と、人生の節目ごとに車を乗り換えてきましたが、このニュービートルカブリオレという車(通称「ビーカブ」、愛称「TB-1」)は、またいろいろな意味で、41歳のおじさんをしっかりと楽しませてくれる車でした。(写真㊤:2009年8月、ひげさんのビーカブと)

どこにでも自由に行けるジェットコースター。4座の狭めのシート(4人乗り)は、不思議と家族4人の一体感を高めてくれるような気がしましたし、小型車のわりにはパワフルで、オープンエアで北海道の冷たい空気を切るようにして走ることは、何よりも心地よかったわけです。

Img_8531初めのうちは、周囲からの視線が体につきささる感じで、ルーフを開けるのがなんだかこっぱずかしかったのですが、だからと言って、せっかくのオープン日和に、クローズで(ルーフを閉めて)走るのはかえってみっともないよう気がしたので、温度計を見て10℃以上だったら、迷わずルーフを開けて、オープンエア・ドライブを楽しみました。

セミの声と波の音にはさまれながら奥尻島をぐるっと一周したり、流れ星を追いかけ家族仲間と星空を眺めたりもしました。他の車ではきっと味わえないようなことをいくつも可能にしてくれた、遊び心が満載の、とにかく面白い車でした。(写真㊦:同、富士山と)

| | コメント (0)

2009年12月29日

ソレイユ回顧ロク・1~アウトドア編

いつの頃からか、ゆっくりと時間を過ごしたいと思うことが多くなっていました。

Photo_2 ちょうど家族が3人だった時に、愛車TB-1(ニュービートルカブリオレ)に簡易テント(ピクニックシェード)を積んで、フェリーに乗り、奥尻島に行ったことがありました。そこで丸2日間、海水浴に興じたことが、私の人生の大きな転換点だったかもしれません。(写真㊤:奥尻のうにまる:2005年8月)

シュノーケルを口にくわえたまま、ただ波間に浮かんでは、潮の流れを感じたり、透明な海水に揺れる小魚や海藻を眺めたり…奥尻の自然が、私の体全体をしっかりと包み込んでくれました。おかげで、背中がすっかりと日焼けして黒焦げになったのですが、スケールの大きな自然の魅力が、私の心の乾ききった部分を、しっかりと潤してくれました。

やっぱり、これだったんだ。オンタイムとオフタイムの境目を発見できたような気がしました。また、充実したオフタイムが、オンタイムへの新たな活力を生んだようにも感じています。

Cimg2758生で感じたものを、どんどん生かしていこう。撮った写真を後日、自宅のPCで眺めることで、また不思議といろいろな発想やパワーが生まれても来ました。

家族といっしょにフィールドに飛び出そう!オフタイム=アウトドア+αという人生の方程式がなんか出来上がってきました。(写真㊦:2006年10月ふるさんAC場にて)

| | コメント (0)

2009年12月14日

続・輝け!主夫の☆!!流れ星編

Img_9645とうとう見ました!可愛い流れ星★彡★彡★彡…しばらく、笑いが止まりませんでした。

雲と雲の間、ほとんど隙間と言ってもいい位の、せまい空の間を真上から真下にしゅっと一瞬、一筋の光が通っていきました。あっ( ̄□ ̄;)来た!!

2つ目は別の隙間で、左から右へほぼ真横にぴかっーと長めに。3つ目は上から下へ、今度はすうっと消えていきました。

なんだか、星達にからかわれているような感じでしたが、12月13日23時から約30分間、いわゆるふたご座流星群の天体ショーを、肉眼でしっかりと見ることができました。主夫業も、今夜はお休み。のんびりと星を眺めることができました。

ちょうど、たまごろう(スモールエッグ)の背中部分(後方の曲面)に、自分の背中をぴったりとくっつけると、天頂近くを見上げるのには、ちょうどいい角度になります。今回は、「+たまごろう」(写真)だったので、室内のストーブをがんがん焚いて、夜食に串だんごやみかんを食べながら、焼き立てのコーヒーを飲みながら、ほとんど曇りの夜空を眺めていました。

夜風が身にしみる季節。上下にスキー用のブレスサーモを着用し、ポケットには携帯カイロ。たまごろうで暖まっては、寒空の下で星空ウォッチングと撮影…の繰り返し。どういうわけか、私は、星を見ると、不思議と幸せを感じられる、お得な体質のようです。それも、今夜は流れ星なんだから、うれしさを通り越して、笑いたくなってしまいました。

帰りは、ちと足を伸ばして、懐かしのR274マオイの丘(道の駅)で、のんびりと時間を過ごしました。ふと、ある友達のことを思い出していました。

| | コメント (4)

2009年12月13日

コーヒー・ブレイク2009

愛車「TB-1(サンダーバード1号)」こと、ニュービートルカブリオレの、ルーフの開閉で、聞いたこともないバキバキ音が突然聞こえてきました。

Img_9637 今までルーフ関係ではほぼノーストレスで、快適なオープンエアドライブを楽しんでいたわけですが、今回は不意にルーフ格納(右側)のルーフフラップがぽっきりと折れてしまいました(写真:手前)。プラスティックが劣化したようで、逝ってしまいました。

部品の交換2品と工賃で、3萬6阡圓也。ヨキセヌ( T _ T;)シュッピ

おとといは、王子と2人で、いつものコーヒー豆屋さんに行ってきました。ペルー・パンパス・デル・インカ、コロンビア・スプレモ・アンジェラ(旧名アンジェリカ)、ブラジル・エコジコ・ヴィラ農園、ケニアAA・トップ・カンゴジョ、そしてガテマラ・サンタ・デルフィナ農園…今回はとうとうカップ・オブ・エクセレンス2009受賞の高級豆を清水買い、コーヒー生豆を大量仕入れしました。~~□0_(^-^ )高級豆ウマイウマイ…

コーヒーブレイクDE愛車ビーカブのルーフもブレイク…いよいよ年末。財布からはお金が一方通行の毎日です。

| | コメント (4)

2009年11月22日

続・輝け!主夫の☆!!冬空編

北海道はすっかりと冬。はりきって燃え続ける寝室のストーブの音で、今朝は目を覚ましました。庭も玉五郎(スモールエッグ)も、見事な雪化粧。

今シーズン中にもう1回キャンプに出撃しようかと、毎日のように天気予報の最高・最低気温の数字を眺めていましたが、気温が1けた台(0~9℃)では、もういい加減にあきらめるしかありません。わが家でも、北海道の長く厳しい冬が、とうとうスタートしてしまいました。ザンネン(ToT)ムネン

それでも、整形外科のリハビリルームに通うこと約1か月。王子(息子)の妨害にもめげずに、自宅での腰痛体操を真面目に続けた甲斐もあり、なんとか遠出ドライブができるほど、あのGIKKURI腰が回復してきました。 e(^。^)9←腰牽引中

Img_9593 …というわけで、性懲りも無く、11月18日深夜のしし座流星群の極大に合わせて、TB-1(ニュービートルカブリオレ)での出撃を2度も試みました。

結局、この目でも、あのカメラでも、流れ星をとらえることはできなかったのですが、寒さに震えながらも、コーヒーを片手に、ひさびさの星空ウォッチングを楽しみました。(写真)~~□0_(^-^ )サムウマ

そろそろ、師走に向けて、走り始めようかな~今年はおせちを作ってみよう!…輝け、主夫の星!冬空の星たちといっしょに!!

| | コメント (4)

2009年11月 8日

リハビリ・ビリビリ・腰も牽引の話

Img_9531 あ~なさけない。力まかせの育児が祟ったのか、例のTVゲームDEフィットネスの、ヨガのポーズが過激だったのか、ひさびさのぎっくり腰で、丸2日間寝返りもままならず、寝室のベッドの上で悶々としていました。

その後2週間程で、TB-1(ニュービートルカブリオレ)を運転できるほどに回復し、今は、整形外科へのリハビリにめずらしく真面目に通っています。電気で背中の筋肉をビリビリと刺激したり、自動間欠牽引装置「スーパー・○ラック」で腰骨を上下に引っ張ったりして、徐々に傷めた腰の方も楽になってきました。たまごろう(スモールエッグ)の牽引の方はまだ無理のようです。トホホ(-_-;)

自宅では、毎日、腰痛体操を4種類。背筋・腹筋・太もものストレッチ・おしりの筋肉のストレッチ×3セット。┗(;~o~)┛アオムケ┏(~o~;)┓ヨコムキ┏(;~o~)┛ヒダリ┗(~o~;)┓ミギ

気がつけば11月。いつもだったら半日でぱっと終わらせる庭の冬囲いも、天気と相談をしながら少しずつ計画的にやっています。冬タイヤへの交換に至っては何年かぶりに、業者さんへ搬入してやってもらうことになりました。(写真:いつものキャンピングレンタサービスさん)

う~む。いろいろと無理をしたのかな…春に厄払いをしてたから、きっとこれ位ですんだのでしょう…アラフォーリハビリー作戦。結局のところ、気持ちは若いつもりでも、体はすっかり40代のおじさんということです。ははは…痛。キャンプ(ToT)イキタイ

| | コメント (6)

2009年10月12日

TB-1 GOes to ふるさんAC

どうやら、わが家の娘(小3)は大丈夫そうです。学級閉鎖3日目の朝もすんなりと起きて、いつも通りまったりと朝食を済ませていました。結局のところ、新型インフルエンザには何の関係ないも新型のゲームソフトを破格で購入し、テレビにつなげて、学級閉鎖初日からテレビの画面を見ながら、元気にゲーム三昧の日々を過ごしています。

…というわけで、女の子チーム(妻と娘)は、家の中で手芸&テレビゲームDEフィットネス。やや余され気味の男の子チーム(王子と私の2人)は、ニット帽子に手袋&マフラーの完全防寒体制で、オープンエアドライブに出撃することにしました。

王子の目の前に、DVDの映画「サンダーバード」をセットし、ひさびさに音楽で気分を盛り上げてみました。TB-1(サンダーバード1号:ビートルカブリオレ)GO!!O(^◇^O)=3=3=3 O(^◇^O)=3=3=3

行き先は、ふるさんAC場(古山貯水池自然公園オートキャンプ場)。新しい管理人さんが、チェンソーで薪を切っていました。今年は11月までのオープンだそうです(例年は10月末でクローズ)。(^_^)v

なんとMA・NU・KEにも、カメラを忘れたので、今回も写真はNOTHING。せめてものお土産にと、帰り道、キャンプ場から車で2~3分のところにあるパン屋さん(D´SOLEIL的生活【ふるさん編】参照※←左サイドバー)で、アレルギーフリーのパンを何種類か購入し、帰路に就きました。コウボノアジガスル~!!(^o^)←ツマ

【追伸】そう言えば、マオイオートランドのキャンカーサイトに、黄色いスモールエッグが1台泊っていました。声をかけたかったのですが、見学者は場内進入不可なので、今回は遠くから眺めるだけでした。またお会いできることを楽しみにしています。

| | コメント (2)

2009年10月11日

残念!たまごろう出番なし~ふるさんAC

楽しみにしていた今シーズン最後のふるさんAC(オートキャンプ)ですが、なんと娘(小3)のクラスが新型インフルエンザの学級閉鎖になった関係で、中止になりました。残念ながら、たまごろう(スモールエッグ)も出番なし。

先週金曜日に娘がもらって来たプリントによると、クラスの20%近くの生徒が新型またはその感染の疑いがあるとのこと。教室の娘の隣り席の子も欠席しているというので、もしかしたら、娘も…と、現在経過観察中です。

来週までの生徒の「出歩き」は禁止、いわゆる自宅謹慎状態。前回のふるさんACが、大変悲惨なこと(拙ブログ2009年6月16日記事参照)になったので、妻とも協議の上、今回は無理をせずに見送ることにしました。残念…。( ̄~ ̄) ウーム

只今、代替案を検討中。新型には新型ゲームで対応するか…。トリアエズ、レンタルビデオレンタル…。( ̄~ ̄) ウーム

AC用に用意した食材は、自宅で調理することになりました。昼食「焼きそば」、おやつ「ヨーグルト&ゼリー」、夕食「おでん&ごぼう飯」…。 ( ̄~ ̄) ウーム

| | コメント (0)

2009年10月 3日

MOON・2009~中秋の名月~

Img_9357

実り多き秋。家族4人で、ひさびさの星空ウォッチング

月齢14.3の月が明るく南の夜空を照らしていました。今年、家庭菜園で収穫した「トマト」と「ピーマン」、そして、上富良野で頂いた「かぼちゃ」をお供えしました(写真㊤)。

「やっぱり、ウサギみたいなのが見える」と、望遠鏡をのぞいた娘(小3)。王子(息子もうすぐ2歳)は一人、妻の膝の上であん団子をほおばっていました。そう言えば、8月の富士の麓で眺めた月も、こんなだったなぁ…/~\シミ ( ̄~ ̄) ジミ。

日中は、すっかりと過ごしやすくなった秋空の下で、スモールエッグの屋根を補修していました。先日のシルバー・ウィーク・キャンプで、スモールエッグの屋根のパーツ(写真㊦)を、走行中、どこかで落としてしまったらしいのです。アッ( ̄□ ̄;)ナイ!!

Img_9306 純正のものはドイツから直輸入になるそうで、日数も費用もかかるとのこと。ここはいつもお世話になっているキャンピングレンタ㈱さんを通じて、部品屋さんから同じような形状のゴムモールを実費で分けてもらうことにしました。ホームセンターで透明のボンドを購入し、無事取り付けに成功しました。モウトレルンジャ(^人^)ナイゾ!

いよいよ、来週の3連休はふるさんACです。ちゃっかりと、王子と2人で下見も済まし、あとは買い物&給油だぁあ!!ヤッホーO(^◇^O)=3=3=3

| | コメント (4)

2009年9月29日

秋さやかの候

今年も、とんぼが庭を低く飛び交う季節を迎えました。

昨日の冷たい雨に変わって、今日1日はさわやかな青空の下で、王子(息子もうすぐ2歳)とのんびりとした時間を過ごしています。私の育児休暇ももうすぐ6か月を終え、まもなく折り返し地点です。

Img_9308 明日、前期の通知表をもらってくる娘(小3)が、友達2人を連れて、庭野玉五郎(庭に置いてあるスモールエッグ)の中で、学校の宿題を静かにやっています。ちょうど、王子の指にアキアカネ(写真:ちょっと小さめ)。

2009年のキャンプシーズンもいよいよ終盤。今年もやっぱり、最後はホームグランドのふるさんオートキャンプ場でしめようと、夏の大冒険の余波(…というか疲れ)で、ほとんどバッテリー切れ状態の私のアウトドア魂に再充電を開始しました。トリアエズ~~□0_(^-^ )イツモノコーヒーデモ…

| | コメント (6)

2009年9月24日

Sポーク・とんとん祭り・プラス…

Img_9263_2 昨年のキャンフェスで買いそびれていた某有名アウトドア・ブランドの酷似品を、今年は購入することができました。

材料費+工賃で8,800円の木製テーブル「スノーポーク」(写真㊤)。2009キャンピングフェスティバルIN日高のフリーマーケットで、他の関連グッズの品々に目を奪われつつも、今年は念願の限定品(全5台)をゲットしました。σ( ^ー゜)σ!!

早速、次の宿泊地「日の出公園オートキャンプ場」(上富良野町)で使い初め。いつもはタープ内の地べたに直接置いている食品かごを、今回はこのスノーポークを荷台にして置きました。パッと見の外観も実におしゃれに洒落ていて、本家のクオリティーには遠く及ばないまでも、なかなかしっかりとした作りになっています。イワユル ( ̄~ ̄) スノピー

こういうモノを喜ぶ人がこのイベント(キャンフェス)は本当に多いんだなぁ…という妙な満足感に今もひたっています。今年もすっかりと興奮のキャンピングフェスティバル2日間になりました。

また、この2日間ですっかりと仲良しになったJETRIDERさんのご自宅に厚かましくもお邪魔したり、いっしょにとんとん祭り(上富良野町深山峠)に行って、豚肉サガリ&ホルモンを食べまくったりと、今年5連休になった秋のSW(シルバー・ウィーク)を、しっかりと堪能しました。トントン(**)ウマウマ!

Img_9280_2 帰り道では、走行中に帽子を風に飛ばされて緊急停車していたノアールさん夫妻と偶然の再会となりました拙ブログ2008年8月8日号参照。ひさびさに、2BEETLES & 2SMALLEGGSで桂沢湖畔をドライブして、道の駅「三笠」で昼食をいっしょに食べました(写真㊦)。オヒサデス…O(^◇^O)=3=3=3 デハマタ…O(^◇^O)=3=3=3

| | コメント (8)

2009年9月20日

大興奮!キャンフェス日高!!

一口サイズの羊羹に魔法の粉を振りかけた、わが家秘伝のつまみ菓子、通称「餅ぬき八つ橋」の方は短時間で見事に完売しましたが、肝心要の「珈琲焼酎」の方が全体的には伸び悩んでしまいました。満を持してたっぷりと4ℓも用意したわけですが、一部でコアなユーザーを獲得しつつも、結局1ℓ強は余裕で売れ残ってしまいました。

私自身も今一つアピールしきれなかった感じで、今年の一品料理コンテストでは、残念ながら入賞を逃してしまいました。ナマラ(ToT)クヤシイ 一言でいえば、「2匹目のどぜう」を簡単に狙えるほど、本業界のキャンパーさんの料理の腕前はそんなに甘くはないということです。新参者(只今、専業主夫)は、また1から修行を積み直したいと思う今日この頃でした。

さて、今年も家族4人で参加させていただいた、9月19~20日の「キャンピングフェスティバル2009 IN 日高」(日高沙流川オートキャンプ場)でしたが、今回もまた、素敵な出会いにあふれたものになりました。

Img_9185_2 隣りのサイトのJETRIDERさんがひっぱってきた幻の国産トレーラーFBS50年製:写真㊤)の和風モダンな造りにまず妻が興奮。もちろん、私もトレーラーの耐久性のよさに感動しつつ、先月富士山でお会いしたあのS氏の話がよみがえり、まさに目からうろこやら涙やらが落ちたり吹き出たりしそうな思いで、日本人の情熱と技術力の高さを実感することになりました。スゲェ(ToT)マジカンドウ

Img_9193_2 娘はというと、さらにそのお隣りのうっちぃさんのお子さんも交えて、3人で力尽きて眠るまで、懐中電灯を片手に夜のキャンプ場を探検していました。また、わが家の王子(息子)は、自作のトレーラーを牽引するラジコンを操る少年に、すっかりと身も心も奪われてしまったようです(写真㊦)。次号に続く…。

| | コメント (4)

2009年9月17日

初秋の候 2009

Img_9162

北海道はいよいよ秋。毎年楽しみにしている「キャンピングフェスティバル」に、今年も家族4人で参加することにしました。

いつもなにかとお世話になっているキャンピングレンタサービス工業㈱やサンクラフト㈱、秀岳荘、ギミック㈱、オートキャンパー編集部のご後援で、今年は日高町の沙流川オートキャンプ場で9月19~20日に開催されます。

今回も恒例の「一品料理コンテスト」には、昨年堂々とサンクラフト賞を受賞した、幻の珈琲焼酎「SOLEIL(ソレイユ)」を出品します(写真)。

今回は、あの「たまごろう大冒険2009夏」で愛飲のコーヒー豆「コロンビア・スプレモ・アンジェリカ」と「タンザニアAAモンデューロ」をメモリアルに焙煎して作ってみました。ちなみに、昨年とは違う豆を使っています…目指せ!V2!!ふぉふぉふぉっ (V)o\o(V)(詳しくは拙ブログ記事2008年9月14日号参照)

2年連続で、受賞できるわけないでしょ…と、若干冷め気味の妻を尻目に、珈琲焼酎とセットにしてて提供するおつまみをこれから仕込もうとしています。今年は甘い系でいこうかなぁ~e(^。^)9

| | コメント (4)

2009年8月24日

追想「大冒険2009夏」その4 ホームワーク編

たまごろう大冒険2009夏が終わり、いつのまにか10日余りが経っていました。(-。-)y-~~~~

心にポッカリと空いた穴を満たすように、今回の数々の冒険シーンを演出した、あのコーヒー豆「コロンビア・スプレモ・アンジェリカ」をひさびさに焼いてみました。しばらくは、あの楽しかった2009年の夏を思い出す、格別なコーヒーの味になりそうです。~~□0_(^-^ )

Img_8370 さて、先週娘の学校がスタートしました。夏休みは全25日間もあったわけですが、自宅にいたのがわずかに8日間

涼しいキャンプ場の木陰とか、雨天時のたまごろう(スモールエッグ)の中とか、夏休み中の宿題をやるチャンスは結構ありました。(写真㊤:ビッグランドにて、娘はやっぱりいない…)

…が、たぶん、うちの娘に限らず(例えば、小学生の頃の私も)、ついつい、目先のお楽しみを優先してしまい、夏休みの後半は、後悔と反省の日々を過ごすことになるようです。

Img_9083_3それでも、今回の夏休みは、あの大冒険から帰った次の日から、私が撮っていた写真をプリントしたものやら、事前に購入していた100円ショップの地図やら、旅先でもらったパンフレットやら、チケットやらを、貼り合わせて、大作「家ぞく旅行のきろく」(写真㊦)を、完成させました。

なかなかの渾身の作品となりました。2学期が始まる直前まで、自宅のリビングの壁に貼り、しばし妻や娘と眺めては、旅の余韻にどっぷりと浸っていました。o(^o^o)(o^o^)oマタミンナデイコウネ o(^o^o)(o^o^)o

「たまごろう大冒険2009夏」全3編の各種写真を、いつのも左サイドバー(←)にUPしました。もしろしければ、こちらの方もご笑覧ください。

| | コメント (4)

2009年8月22日

追想「大冒険2009夏」その3 温泉編

今回のたまごろう大冒険2009夏を、絶妙にサポートしてくれていたのが数々の温泉施設でした。

Img_8179レジーナの森では「彩光の湯」、ビッグランドでは「むかわの湯」、新富士AC場では「花の湯」、大洗サンビーチC場では「潮騒の湯」と、今回の大冒険をひっくり返して裏側から見ると、実はちゃっかりと湯めぐりも楽しんでいます。(写真㊤:レジーナの森 ※ただしここは徒歩3分)

Img_8386 トレーラーライフの楽しいところは、キャンプ場にトレーラーを置いたままで、ヘッド車だけで、ぶらーっと買い物や遊びに行けるところ。(写真㊥:シャトレーゼ白州工場)。もちろん、天気が良ければ、オープンエア。見慣れない本州の風景を、360°見渡しながら、ドライブも楽しみました(※よそ見運転注意!)

今回も、帰った後は寝るだけの状態にしておいたたまごろう(スモールエッグ)を、ACサイトに置いてけ堀にして、家族4人でTB-1(ニュービートルカブリオレ)に乗って、近くの温泉施設に行って来ました。イッテキマースO(^◇^O)=3=3=3(写真㊦:地図を広げてルートの確認)

Img_8888 大体の温泉施設には、食事処がいっしょになっていることが多いので、キャンプ場では、面倒くさくてあまり作らない、フライなどの揚げものや刺身など生ものを、お好みで食べることができます。

また、休憩場所には必ずと言っていいほど和室(TA・TA・MI)があるので、足を思いっきり伸ばしたり、ごろんと横になってテレビを見たり…と、最大限にまったりすることができました。

| | コメント (2)

2009年8月19日

追想「大冒険2009夏」その2 レジャー編

Img_8664今回のたまごろう大冒険2009夏の中で、本当の大冒険になってしまったのが、暴風雨の中での富士サファリパーク内のジャングルバス・ツアーでした。

前夜のお酒もかなりのセーブ運転で、gakutanさんのおすすめ通りに、当日は朝6時起きで、7時前にキャンプ場を出発しました。出発の時から、雨脚はかなり強めでした。ちょうどサファリパークに到着し、ツアー等の各種チケットを購入する時は、まさに狂ったように雨が降り、風が吹きまくっていました。

それでも、なんとか根性で、家族サービスの聖地「富士サファリパーク」の、ジャングルバス「キングライオン」号に乗り、嵐のサファリ・ゾーンに進入。北海道の動物園では見ることができなくなったゾウ群れで暮らすライオンたちの様子を、何重かに仕切られた金網を隔ててじかに見ることができました(写真㊤)。サファリ( v^-^)迫力満点♪

Img_8629 今回の大冒険で、大活躍のアイテムは、長靴と雨カッパ。特に、長靴は抜群の保温性と防水性で、草むらはもちろん、雨天が多かった今回の冒険シーンではほぼ無敵のキャップギアになりました。

ちなみに、この日運転手の私は、MA・NU・KEにもたまごろう内に長靴を置き忘れたために、履いていた靴と靴下が大変悲惨な状態(写真㊥:右隅)になってしまいました。給餌用のエサは、左からラクダ用のペレット、クマ用のニンジンとリンゴ、ライオン用の牛肉です(写真㊥:黄色と青色のトレーの中)。

Img_8792悪天候の富士サファリパークの後は、近くの名勝「音止の滝」と「白糸の滝」をいわゆる観光しました。午後からは天候が一変し、気温がぐんぐん上がるなか、滝のミスト効果がしばし冒険の疲れを癒してくれました。(写真㊦:白糸の滝)

| | コメント (4)

2009年8月17日

追想「大冒険2009夏」その1 ビーカブ編

北海道の自宅を出発して、再び自宅に戻るまでの、1987.7㎞。たまごろう(スモールエッグ車重570㎏)と家族4人(総体重144㎏※妻ひそかに2㎏増)そして、たくさんの荷物を積載し、牽引した、わが家の「TB-1」(サンダーバード1号 ヒッチメンバー付ニュービートルカブリオレ 排気量2000cc)。

Img_8243 17日間の日程の中で、途中のガソリンスタンドで給油した回数は10回、使用したガソリンの総量は268.11ℓでした(燃費7.41㎞/ℓ)。ビートル単体で8㎞/ℓ、たまごろう牽引で7㎞/ℓを、一応の目安にしているので、結構いい数字かなぁと、満足することにしています。

10回の給油ごとに比べてみると、東北道の那須高原SA~中央道の談合坂SA(262.6㎞)がベスト低燃費区間の8.4㎞/ℓで、山上の四尾連湖の2往復を含む、山梨県市内走行(114.4㎞※ビーカブ単体を含む)がワーストの5.5㎞/ℓとなりました。

途中、高速道路のSA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)では、某アニメキャラのスタンプラリーにチャレンジしたりもしました。おかけで、キャンプ場への到着が思いっきり遅れたりもしましたが、それもまあ、一つの旅の醍醐味ということで…(写真㊤:双葉SA)ポケモン ( ̄~ ̄) オソルベシ

Img_8239 基本的に、高速道路ではビーカブのオートクルーズ機構で毎時80㎞の法定速度でまったり巡行しました。レジーナの森に行く途中の鳳坂峠、四尾連湖への山道、そして、新富士AC場のエントランスでは、2速でアクセルペダルをベタ踏みという危機的な状況もありました。(写真㊦:ドームコテージ「オルサ」の前でinレジーナの森)

直前に車検があり、心配な箇所をすべてチェックしてもらっていたので、安全&安心な大冒険になりました。また、ETCも上手に活用できたようで、まだ請求がきていないので正確な話ではないのですが、高速道路の大半は「割引中型」扱いで、結構お得感のある旅になったように思います。(^_^)v

| | コメント (8)

2009年8月14日

ありがとう!大冒険2009夏

たまごろう(スモールエッグ)大冒険2009夏もいよいよ終盤。

新富士オートキャンプ場を11日の昼に出発し、途中懐かしの横浜の街並みを眼下に臨みながら、北海道の苫小牧行のフェリー(12日夕方便)が待つ大洗港を目指しました。幸いなことに、この2日間は台風にも、地震にも、渋滞にも会うことがありませんでした

Img_9012 サンフラワーフラノ号(大洗~苫小牧:写真では、船と桟橋の境目の部分にヒッチメンバーなどが接触する恐れがあるため、車高が低い車という扱いで特別の手続きを経て乗船することになりました。下船も、わざわざ船内でUターンをして、入口から出ることに…最後の最後まで、本当にいろいろと気を遣っていただきました。

そして、とうとう家族4人とTB-1(ニュービートルカブリオレ)+たまごろう、そして、新富士AC場で捕まってしまったカブトムシのオス2匹とメス2匹が、無事に海を越えることができました。←ちょっと大げさ(@^_^)ゞ

自宅を出発したのが7月28日の朝ですから、約17日間の大冒険が、とうとうここに完結したことになります。(走行距離1987㎞)

★TB-1+たまごろう★***\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/*** ★祝・無事帰還★

昨夜はひさびさの自宅のベッドで午後7時に就寝、今朝は午前7時に起床。ひさびさに12時間も眠ってしまいました。ZzzZzzZzzZzz ( ̄~ ̄) ( ̄~ ̄)( ̄~ ̄) ( ̄~ ̄) シバラク…ドコニモ…イカナクテイイ…ムニャムニャ…なんだか、修学旅行から帰って来たばかりの中学生みたいです。

Img_8964 今回の、たまごろう大冒険2009夏では、また、たくさんの素晴らしい出会いがありました。今からおそよ3年6か月前、ネット上で初めてこのスモールエッグに出会いました。まさかこんなことになるとは…と、そんな思いで、この17日間の大冒険を思い起こしています。

今回もまた、家族みんなで素敵な思い出をたくさん作ることができました。どうもありがとうございました。(写真:大洗の星空とたまごろう)

| | コメント (6)

2009年8月13日

THE SMALL EGG & Mt.FUJI

Img_8841_2 新富士AC場での、いろいろな人達との出会いの中で、殊更に衝撃的だったのは、私たちのタマゴ通りに、偶然犬の散歩で訪れていたNFC(日本ファミリーキャンパークラブ)の重鎮S氏との出会いでしょう。

新富士2日目。昼ご飯に、冷やし中華(gakutanさん調理)と冷やしほうとう(蓬堂調理)を食べ、王子(息子)を抱っこしてボォーっとしていたところを、たまごろう(スモールエッグ)のことでお声をかけていただきました。誘われるままに、なんと無謀にも、名刺を1枚持って、私は単身でご邸宅にお邪魔してしまったわけです。~(m~~)m イキマ~ス!

ご邸宅のログログのあまりのすごさと、大先輩のライフスタイルへの興味深さに、即座にタマゴ使い@岐阜氏に緊急℡連絡し、全員をひっぱって来てもらって、富士展望露天風呂、木製遊具、本格石窯、ゼファー(風車型発電機?)、アウトドア&キャンピングトレーラー資料室…などなど、部屋にまで上がり込んで見学させていただくことになりました。(^^;) イヤァ~オジャマシマ~ス

Img_8884 特に、関係書誌へのご寄稿の数々。日本におけるキャンピングライフの先駆者として、国際的に活躍されている様々な活動に、ただただ敬意を表さずにはいられませんでした。国境を越えて人と人が強く結びつくキャンプの魅力、何度も頓挫しかけた日本におけるトレーラーワールドの夢、それを支えるファミリー・ミーティング・クラブ・コミュニティetcとヒト固有の絆の諸相、奥様と2人で欧州風のライフスタイルを楽しむご様子…ここ富士山の麓で、新たなパワーをいただいた思いです。パワージュウテン┗(^_^)┛120%

さて、いよいよ、新富士AC最終日。この日の朝は、震度5の大地震に叩き起こされました。初めは、SECOM諸氏の悪い冗談か(前日に帰ったと見せかけてみんなでユラユラ…)と思ったのですが、あまりにも長く続くたまごろうの揺れに、これは本物だと確信しました。台風9号と静岡県沖地震の影響で、朝から東名高速道と西富士道が不通の模様。友人Aがこまめに交通情報を℡で知らせてくれました。モシモシ…( ^_^)---------(^_^ ) イキテル?←友人A

いよいよ、この思い出深い、Mt.FUJIを旅立つ時が来ました。新富士AC場の管理人さんご夫婦に、SPLM(拙書)2冊をプレゼント。これから、東名・新保土ヶ谷バイパス・湾岸・アクアライン・京葉道・東関道を使って、大洗サンビーチキャンプ場(茨城県大洗町)を目指します。ε=ε=ε=ε=ε=( _)┛ジュウタイカイヒ~!!!

| | コメント (6)

2009年8月12日

痛快!タマゴ通り!!

たまごろう大冒険2009夏も、いよいよ後編。とうとう、大冒険のクライマックスを飾るにふさわしい役者達の登場となりました。

Img_8564 レジーナの森で再会を果たした、モリ@福島氏を含め、なんと5台目のスモールエッグが勢揃い。お借りした新富士AC場のキャンピングサイト3つ分に、今回は5台のスモールエッグをストリート風に配置しました(「たまご通り」と勝手に命名:写真㊤)。

手前右側から、モリ@福島氏のかぼちゃ(オレンジのスモールエッグ)。その奥に、タマゴ使い@岐阜氏のスモールエッグ、さらにその奥にgakutanさんのスモールエッグ、その向かい側(つまり左側の奥)にHASEさんのスモールエッグで、左側の手前がわが家のたまごろう(もちろんスモールエッグ)です。今回は、なんと5家族分の安眠スペースの確保をするという観点から、広いサイト内でもスモールエッグ内で快適に涼しく過ごせるようにと、木陰の多いサイトで5台が向かい合う形で設営しました。

そして、メインの夕食&談話スペースは、スモールエッグの安眠スペースのちょうど反対側。この日、1番にキャンプサイト入りをした、ニュービートルカブリオレのハーベストムーンベージュのひげさんのタープ&BBQコンロを中心にして、それぞれの家族が、チェアやら、テーブルやら、地元の名物やら、お酒やら、お酒やら、お酒やら…を、並べていきました。

Img_8576 一晩では決して食べつくし、飲みつくせないほどの、古今東西のうまうま。AC場の管理人さんからも差し入れをいただき、6時からは、宴・宴・宴…酒・酒・酒…笑・笑・笑…。(写真㊦:ノボリ製作はひげさん)

あまりのにぎやかに、カブトムシ、セミ、ノラネコ…までが集まってきました。天気も極上。お月さま(月齢17.0)が、東の森のすき間からゆっくりと姿を現し、夜空の星達といっしょに、南の空からサイト全体を明るく照らす頃まで、この楽しい時間は続いていきました

星空の下のスモールエッグ…そして、この素敵な出会いの数々…学生時代の後輩も深夜駆けつけてくれました。私も、いろいろな人とたくさんお話をすることができました。もっと、もっと話していたかったなぁ。

あまりにも、盛り上がってしまったので、台風(8号&9号)やら、地震(震度5)やら…も来てしまいました。(@^_^)ゞポリポリ…。

| | コメント (4)

2009年8月11日

THE ROAD TO FUJI

Img_8521 四尾連湖を出発し、途中のスーパーで食材を大量に買い込んだ、家族4人とTB-1+たまごろう(ニュービートルカブリオレ&スモールエッグ)。次の目的地である、新富士オートキャンプ場に行く手前の、道の駅「朝霧高原」でなんと友達が待っていてくれました。(写真㊤)

とあるネットコミュニティ「スモール・エッグ・クラブ・オーナー・ミーティング」(通称SECOM)のメンバーの皆さんと、学生時代からの友人A。

Img_8523 道の駅のレストランで遅めの昼食を済まし、新富士AC場までの道のりを、並んで走ることにしました。先頭から、gakutanさん、HASEさん、タマゴ使い@岐阜氏、蓬堂、友人A。(写真㊦)

キャンプ場まであとわずかという所で、ヘッド車のパワー不足で、あるスモールエッグ1台が坂道の途中で止まってしまうというSECOM史上最大の危機的な状況になりました。このままでは、キャンプ場にはいることができません。とりあえず、手押ししてみる?…と、そのスモールエッグを4人の大人が力ずくで押し上げることになりました。うなるエンジン音、そしてアラフォーパワー全開!動いた!!20m程は進んだでしょうか。ジーン(ToT)モウダメカトオモイマシタ…感動的なシーンとなりました。

いよいよ、新富士AC場に到着!!するとそこは…次号に続く。

| | コメント (12)

2009年8月 7日

四尾連湖の夏・花火の夜

風呂上りに布団に横になってダラーっとしていたら、娘が私の虫さされの場所を数えてくれました。足の膝から足首のあたりを中心に、全25箇所。基本的にキャンプ場でも下は短パンか、甚平でいることが多い関係で、私自身がすっかりと蚊や虻のごちそうになってしまいました。一応、大冒険の最初の数日は、携帯蚊取りを腰につけたり、防虫スプレイをいつもより多めに噴霧したりしていたのですが、もうどうでもいい状態になっています。

Img_8425 さて、昨年の夏に引き続き、今年の夏も四尾連湖の水明荘(山梨県市川三郷町)に来ることになりました。今回は家族4人です。昨年は1人で乗った足こぎボートも、今回は4人で乗船。妻と私でペダルを回し、娘と王子がハンドルで操舵しました(写真:ヘリコプター)。

なかなか思うような所に進まないのが面白かったわけですが、予想通り、動力担当の2人は、30分後の下船時にはへろへろになっていました。モウカンベン(ToT)(ToT)シテクレー

午後は、四尾連湖の駐車場にたまごろう(スモールエッグ)を残し、8月7日(HANABIの日)の神明の花火大会を鑑賞することにしました。夕暮れ時、昔からなじみのお寿司屋さんで握り寿司をつまんで、近くの土手に上がり、パノラマサイズの花火を家族4人で楽しみました。

Img_8488 打ち上げ会場のすぐ近くに歩いて行くこともできたのですが、王子のことを考えて、今回はあまり音のうるさくない所に陣取ることにしました。王子も「うわぁうわぁ…」を連発。二尺玉の破裂音と振動がすごかった…妻にも、娘にも、きっと思い出深い1日になったことでしょう。(写真:二尺玉)

再び四尾連湖に戻ったのは9時過ぎ。水明荘の和室では、今、妻と娘と王子の3人が、約1週間ぶりに寝ることになった布団に、手足を投げ出して、スースーと気持ちよさそうに寝息を立てています。Zzz( ̄~ ̄) Zzz( ̄~ ̄)Zzz ( ̄~ ̄)

| | コメント (2)

2009年8月 6日

納涼!川遊び、そして…

キャンプサイトに入って、一番最初の楽しいことは、たまごろう(スモールエッグ)やタープ、キッチンやテーブルetc…をどこにどう設営するかを考えること。

Img_8383_5 今回は、妻のアイデアを採用し、縦長のサイト(間口が多少狭め)の入口にタープを立て、その奥にテーブルとチェア、そしてたまごろうを置くことにしました。(写真㊤)サイトのすぐ目の前が炊事場で、人や車の往来が結構多かったので、王子がサイトから飛び出さないようにと、このようなレイアウトとなりました。滞在日数も長く、洗たくものを干すことが多いので、木と木の間には、洗たくロープをくくり付けたりもしました。

さて、今回宿泊したビッグランド(山梨県北杜市)は、徒歩で3~4分ほどの所に、川遊びができるところがあります。2日目の午前中に買い物を終えて、午後一番に家族4人で水着に着替えて、今シーズン初めての、海水浴ならぬ、淡水浴(?)を楽しみました。

(^◇^;)> イヤァ~水がちめたかったぁ…。

Img_8270それにしても娘のくそ度胸には、ただただ感心の一言。キャンプ場で知り合ったばかりの韓国のご家族のみなさんに混ざって、なんと突堤の上から豪快にダイビング!!(写真㊦)

怖いとか、寒いとか言いながらも、2回、3回と、ドボン&バシャン…こちらの方は見ているだけですっかりと涼しくなりました。こっちの方が{{{{(+_+)}}}}寒ううぅ~

ビッグランド最終日は、近くのシャトレーゼのお菓子工場見学と称して、無料アイスを食べ放題。その後は、サントリー白州蒸留所で、シングルモルト「白州」のガイドツアーに参加しました。自分自身へのお土産を大量に買い込み、只今「白州蒸留所樽出原酒8年」を片手に、快調にネットサーフィンをしています。(=^~^)o∀ウマウマ

| | コメント (4)

2009年8月 4日

レジーナ DE モリモリ

Img_8195_2大冒険3日目の朝は、近くを流れる小川のせせらぎの音と、小鳥たちのさえずりの声で、目を覚ますことができました。朝7時頃に見えていた青空のすき間が、昼過ぎにはどんどん広がり、コインランドリーで洗たくした衣類が午後3時過ぎにはほとんど乾いてくれました。

晴れました!(^_^)v(写真㊤)

Img_8198

娘は仲良くなった近くのサイトの子ども達といっしょに、レジーナの森をスタンプラリーしたり、「だるまさんが転んだ」をやったりして遊んでいました。たった1人でニジマスのつかみどりに挑戦し、4匹のニジマスをお土産に持って帰ってきた時は、さすがに絶句してしまいました。W(‘o’)w オオーイキテル!!(写真㊥)

Img_8205 妻が3枚におろし豆乳仕立てのクリーム・スパゲティーにして、昼食に美味しく頂きました(写真㊦)。ゲンキ(^o^)モリモリ!!

王子(息子)と私は、ショップで買った100円のプラスチック製のカラーボールで、初めてのキャッチボール。とうとう、王子と念願のキャッチボールを、ここレジーナの森で実現することができました。

★ピッチャー王子★***\(^O^)/*** ★キャッチャー蓬堂★

夕刻、露天風呂からは、雲の切れ間に月の姿や夏の大三角をしっかりと見ることができました。夜には、わざわざ、モリ@北見さん改め、モリ@福島さんが仕事帰りに駆けつけてくれました。昨年の秋のふるさんAC以来の再会で、今度はレジーナの森で、北見脱出秘話、オートキャンプ四方山話…等々と、アラフォー×3で深夜まで話に花を咲かせました。

さて明日からはいよいよ、たまごろう大冒険2009夏セカンドステージ「ビッグランド」編に突入です。とりあえず、今日のところはもう寝ます。おやすみなさい。

| | コメント (2)

2009年8月 3日

レジーナの雨音

娘(小3)がこしらえた特製の「お天気うちわ」(仮称)。厚紙をうちわ型に切り取り、両面に折り紙を貼ったもの。「太陽」と「木の葉」をイメージしたという、幾何学模様がなんとな~くデザインされています。

おととい、表面の「太陽」で風を起こすような感じで仰いでみたら、どういうわけか、次の日はナッチャン出港から鶴巣PA(パーキング・エリア)到着まで、曇天ながらも1日持ち堪えてくれました。

さて、本日いよいよレジーナ入り。なんと、娘がこの特製の「お天気うちわ」を、津軽海峡を遠くへだてた実家に置いてきたことが、昨日判明しました。W(o)wガーン

Img_8156_2 今さら、テルテル坊主様に再登場というわけにもいかず…だから…というわけではないでしょうが、只今レジーナの森(福島県天栄村)は哀しくなるほど猛烈な雨が降っています。長靴を新調してよかったね…と妻と顔を見合わせるほど、タープの中まで水がしっかりと入り込む始末。

昨夜は、PAに入ってくる車のエンジン音で眠れなかったと妻。今夜は、この雨の音で眠れなくなりそうなのは、どうやら私のようです。

一応、ガーデンスパ&温泉だけは、すっかりと堪能してきました。ここは露天風呂のパラダイスかと思うほど、野外の入浴施設が充実しています。食事処を含め、営業時間がわかりにくいというのが玉に傷ですが、できれば明日は、露天風呂から星空を眺めてみたいなぁ…と、今はただ荒天を見上げて晴天祈願のたまごろう大冒険2日目の夜でした。

[追伸]うちわの話ですが、妻は長者原SAで、東北楽天イーグルスの田中投手のうちわを買って喜んでいます。

| | コメント (4)

2009年8月 1日

高速ナッチャン&高速たまごろう

Photo

全長が9m弱のTB-1+たまごろう(ニュービートルカブリオレとスモールエッグ)は、大型車両(乗車券にはバスと表記)扱い。船の後方のハッチから入り、船内でぐるっとUターンをして、さっき入ったばかりの入り口の、すぐ横隣りの場所に誘導されました。

まさか、バックで下船なんて…と多少の心配はあったのですが、気が付いたら出口のハッチに一番近い所、つまり夢のポールポジションで、本州上陸を果たすことになりました。ナンテサイサキノイイ

10時45分の函館発「ナッチャン・ワールド」に乗って、13時30分には青森着。さすが、高速双胴船。2時間45分の船旅も、ほとんど揺れを感じることもなく、じつにまったりと快適な時間を過ごしました。マッサージチェアキモチイイ

下船後、青森ICから東北自動車道に乗り、おやつのりんご飴や南部せんべいを買ったり、給油したり(2回)、夕食(牛タン)を食べたり、遊具(ブランコ)で遊んだり、バスの運転手さんやサービスエリアの案内係の方とおしゃべりしたり、清掃員の方にカブトムシを見せてもらったり…と、高速たまごろう(車載器再セットアップでETC対応)のわりには、やっぱりまったりと時間をかけて、19時過ぎに鶴巣PAに着きました。

朝食用にきゅうり数本を買い、今日はここでP泊します。たまごろうのガス冷蔵庫も無事に着火し、明日の朝は冷たい牛乳(王子は豆乳)をシリアルにかけて、さっぱりと朝食を済ませようと考えています。

明日は、いよいよ、レジーナの森の温泉に入ります。

| | コメント (8)

2009年7月27日

忘れそうなものリスト~本州上陸計画⑨

Img_8004

最近、北海道は週末というと、決まって雨が降っているような気がします。もう少しスカーッと晴れてくれないかなと、空を見上げつつ、今日は朝から庭野玉五郎(もうすぐ出動するスモールエッグ)に、着替えやら、食料(缶詰など)やらの荷物を運び込んでいました。

今年ようやく、プルーンの苗木にたくさんの葉がつくようになりました。植樹して2年余り(拙ブログ2007年5月12日記事)で、なんと2m。ずいぶんと立派になりました。(写真の左)

いよいよ、本州上陸大作戦まで、あと5日

過去のオートキャンプでの、痛恨の忘れ物の数々を思い出しながら、持ち物リストならぬ、「忘れると困りそうなもの」をリストアップしてみました。

□旅のしおり・旅程表・ブログネタ帳 □携帯充電器・デジカメ充電器 □薬・健康保険証 □クレジットカード・ETCカード □炊飯器・扇風機(今回は電源付きサイトで大活躍の予定)

□水着・ゴーグル・サンダル・長靴(納涼水遊び) □星座板・方位磁針・赤色ライト・三脚 □カメラ・パソコン・iPOD・モバイル端末・ケーブル各種

□お酒(珈琲焼酎各種・余市モルト原酒5年・自家製梅シロップ) □空のペットボトル(ご当地の天然水の給水用) □コーヒー器具一式 □トラメジーノ(ホットサンドクッカー)

□調味料・スパイス各種(シナモンシュガー・ローリエetc) □使い捨て布(食器を洗う前に拭くなどかなり重宝します)

□お風呂セット・洗面セット □洗たく洗剤(今回はランドリー設備のあるAC場で、洗たくをしまくります) □王子用のおむつ・おしりふき・おもちゃ □帽子・手ぬぐい・お揃いジャンバー

□娘の夏休みの宿題・たまごっち2個・DVDソフト □キックボード

コーヒー豆の方は…スプレモ・アンジェリカ(コロンビア)をメインに、AAモンデューロ(タンザニア)、イエローブルボン陰干し(ブラジル)、マンデリン・ルクプサブン・アチェ(インドネシア)、マタリ・クラシックモカ(イエメン)の5種類を厳選。ドゾドゾ~~□0_(^-^ )コーヒーデモ

…というわけで、つい先程、ガソリンも満タンにしてきました!

LET´S GO TO /~\!! ヤッホーO(^◇^O)=3=3=3

| | コメント (8)

2009年7月25日

いざ!たまごろう大冒険2009夏~本州上陸計画⑧

いよいよ1週間後にせまった、たまごろう大冒険2009夏(スモールエッグ本州上陸大作戦)。本日朝9時から受け付け開始になる、津軽海峡フェリー「なっちゃん・ワールド」の、貨物車両の分(牽引車と被牽引車:つまりビーカブ+スモールエッグ)の予約を無事に終えて、全日程が確定しました。

ジグソーパズルの最後の1ピースを、当たり前の場所にはめるような心境で、完成した「たまごろう大冒険2009夏」の全旅程を眺めて、まずはほっと一息ついています。

Img_8023 それを祝うかのように、昼食はひさびさに庭DEランチをしました。今回は、O・KO・NO・MI・YA・KI(写真)。天候の方は、イマイチでしたが、冷凍庫の奥深くに眠るイカゲソや冷蔵庫の新鮮な生野菜たちをきれいに使い切って、夏の定番料理を美味しくいただきました。

午後からは、家族4人で買い物へ。北海道名物のジンギスカン肉をなんと10㎏も購入し、クールで某所に送ることしました。いつものアイスクリーム屋さんでは、女の子チーム(妻&娘)がアイスを堪能。帰り道は、9月19~20日に開催される「2009キャンピングフェスティバルIN日高」(今年は日高沙流川オートキャンプ場)の参加を、いつものキャンピングレンタサービス㈱で申し込んできました。

さて、娘(小3)の夏休みの自由研究をどうしようかな??フォッフォッフォッフォッフォ・・(Y)o\o(Y)

| | コメント (4)

2009年7月22日

ミラクル?!日食ウォッチング

Img_7799 めずらしく時刻に正確な電波腕時計をつけて、食始の10時04分に備えました。この日の主夫の家事は、朝食の片付け終了後、完全なオフモード。庭に三脚を出し、太陽の高度を確かめ、BGM。コーヒー生豆を焼き、いつもより多めのコーヒーを保温ポットの中に入れました。(写真㊤)

朝、雨の音で目が覚めた時は、誰を恨むこともできず、次は何年だっけ…などど、余計なことを考えてしまいました。天気予報を見たら、奇跡的に昼前後に「晴れ」マークがついていたので、かすかに期待することにしました。

Img_7947

食始が10時04分。雲の合間に、ちょうどガスがうっすらとかかった太陽が見えたり、隠れたり…と、ちょっと不思議な日食ウォッチングとなりました。最大が11時10分(食分0.505)。食終が12時16分。今回、北海道は部分日食でしたが、太陽も、育児生活も、日常から非日常、そしていつもの日常へと、静かに時間が戻っていきました。(写真㊦)

前回の部分日食は、職場で見ました(2007年3月19日11時59分最大:食分0.047)。 次の皆既日食は26年後。今度こそ、皆既日食+ダイヤモンドリングを眺めてみたいなぁと思いました。その前に、北海道では2012年に部分日食があるらしい…。

ちなみに、今回のコーヒーは、浅煎りのマタリ・クラシック(イエメン)でした。~~□0_(^-^ )わが家のテルテルボウズ様もそろそろ新旧交代かな?

| | コメント (4)

2009年7月10日

暑中見舞2009~本州上陸計画⑦

Img_7613 モエレ沼公園(札幌市東区)で、念願の「海の噴水」(写真㊤)を見てきました。「海」をテーマにした約40分間のアトラクションでしたが、王子(息子)とボーっと眺め、すっかりと日に焼けて帰ってきました。揺れる水面に打ち上がる水しぶきが、まるで波のようでした。スゴイ(^_^)v

ここ北海道も、日中の温度が30℃近くまで上がるようになり、外に干した洗たく物が、その日のうちにパリッと乾いてくれるから、せっかちな主夫には本当に嬉しい季節になりました。

さて、8月の本州上陸に向け、平日は地味に買い物をしていました。クーラーボックス、カセットボンベ、ライター、木炭、コーヒー豆、焼酎…┏(・o・)┛┗( ・o・)┓┏(   )┛┗(・o・ )┓┏(・o・)┛

そして、とうとうたまごろう(スモールエッグ)用に2台目の扇風機を購入。それも、2台目はなんと贅沢にも首振り機能付です。フォッフォッフォッフォ?・・(Y)o\o(Y) この8月の本州をたった2台の扇風機(それも小型)で乗り切ろうと考えています。予算の関係で、除湿機能付はあっさりと見送られました。まさに無謀。どうしてわざわざ猛暑の最中に南下なんかするの?…と、どこからともなく声が聞こえる。(汗)

Img_7642 …ということで、O・MA・KEのたまごろうの室内改造シリーズ(写真㊦)。「リラックスモード」「ごろ寝モード」に続いて、「物干しモード(本州仕様)」が新登場。ずいぶんと生活臭がにじみ出るブログになったものだ…詳しくは「たまごろうのフォトグラフ」(←)をご参照ください。リラック○やガスパー○のファンのみなさん、ごめんなさい。m(_ _)m 

| | コメント (4)

2009年7月 6日

旅のしおり完成~本州上陸計画⑥

Img_7490 たまごろう(スモールエッグ)の2回目の車検が終わりました(写真㊤)。LPガスボンベの充填や重量税、自賠責保険料などなどを含めて、総額六萬余円也。先月のTB-1(ビートル)の車検と合わせると、なんとトータル弐拾云萬円ですから、育児休暇中の私には気が遠くなるような金額でした。

そして、いよいよ、この車検が終わったばかりの2台に家族4人が乗り込み、猛暑の8月、本州上陸をすることになりました。/~\イザフジサンO(^◇^O)=3=3=3

そして、とうとう、今回のこの旅行をサポートする「旅のしおり」が完成しました。┗(`o´)┓ウッ┏(`○´)┛ハッ┏(`o´)┓ウッ┗(`O´)┛ホホッ

Img_7518 A4サイズのクリアファイルに、送付していただいたパンフレットや案内図の他に、関連HPからプリントアウトしたものをはさみでちょきちょきしたり、いつもの100円ショップで購入した県別の道路地図を、これまたはさみでちょきちょきしたりしたものを綴じ込み、世界で一つしかない、旅のしおり「たまごろうの大冒険2009夏」(仮)を作りました(写真㊦)。いわゆる、自己満足のフォッフォッフォッフォッフォ・・(Y)o\o(Y)

まるで大好きなクラスメイトと修学旅行にでもいく生徒さんの心境で、全13日間の行程をながめています。勝手に一人でどきどきしたり、娘や王子(息子)に嫌がられるほどのしつこさで説明したりして、毎日を過ごしています。というわけで、いつのまにか7月なんですね。はやいなぁ…ワクワクo(^o^o)(o^o^)o ワクワク

| | コメント (4)

2009年6月16日

無事・カエル inふるさんAC③

Img_7331

タマゴ、乳製品、牛肉、鶏肉、かに、えび、りんご、そば…わが家は4人とも、それぞれ苦手な食材(いわゆる食物アレルギー)があって、特に娘と王子(息子)の食べるものには、ずいぶんと注意してきました。

ところが、不注意にも私が買ってきた、肉のたれにリンゴ果汁が入っていて、ふるさんAC最終日の夜に、娘の咳が止まらなくなってしまったのです。

いつもだったら、携行薬を飲むとある程度落ち着いてくれるのですが、この日はそういうわけにはいかず、119番することにしました。

幸い、由仁町の町立病院で点滴を受け、夜遅くにはふるさんに戻ってくることができたのですが、その後、いろいろな心配事が頭をよぎり、お酒を楽しむ気にもなれず、たまごろう(スモールエッグ)を眺めて時間を過ごしました。(前号の写真:「影絵の犬」シルエットクイズその2の答え)

Img_7392次の日は雨(写真㊦)。天気予報でも晴れる可能性がないということだったので、ふるさんACではめずらしく、早めの撤収。今回ばかりは寄り道もしないで、まっすぐわが家へと帰りました。せっかく、SHOWSEI氏と焚火酒で、たまごろう本州上陸やモルト話に花を咲かせようと考えていたのですが、すっかり残念しました。m(_ _)mモウシワケアリマセン…

う~む。本州上陸のメニューをちゃんと考えなくては… ( ̄~ ̄)

…ということで、地味に「D´SOLEIL的生活~ふるさん編」(←)の「買い物特集」をUPしました。これから、ふるさんACもキャンプたけなわのシーズンを迎えます。よろしければ、お役立てください。

| | コメント (10)

2009年6月15日

シルエット・クイズ inふるさんAC②

Img_7248朝、タープの屋根にひっついていました。…というわけで、いきなりですがシルエット・クイズです。これは一体なんの影でしょう?金曜日の夜は、いつもの温泉「ユンニの湯」から帰ってきて、一晩中雨が降っていました。雨の音に混ざって、ずいぶんと元気な声が、たまごろう(スモールエッグ)の中まで聞こえていました。

Photo←正解はこちら。その他にも、あまり歓迎したくない、蜘蛛・青虫・蛾…いろいろな虫達が、わが家のタープに避難していました。昨夜の雨ですっかりと寝不足。眠たい目をこすりながら、コーヒー豆を焼いていたら、いつのまにかみんないなくなっていました。

Img_7355 この日(土曜日)、北海道焚火酒倶楽部のSHOWSEI氏と合流しまいた。娘は同い年の息子さんといっしょに、用意していた網とかごを持ってキャンプ場内の池にカエルを捕まえに行きました。

びっくりする程、たくさん捕まえてきました。新しいお友達もたくさんできました。王子(息子)も大喜び!!

予定では、夜はひさびさの焚火酒。ちらっと星空も見えたりして、いい雰囲気だったのですが…次号に続く。

Img_7381寂しそうでしょ…シルエット・クイズその2。タープの影に映っているのは何?!

| | コメント (6)

2009年6月12日

モバイル・たまごろう inふるさんAC①

雨の音とカエルの鳴き声がはっきりと聞こえるふるさんオートキャンプ場(由仁町)からの生投稿です。2009年、初めてのふるさん泊になりました。日中は、ビートルの屋根も開けられるほどの青空だったのですが、天気予報通り、夕方からどんどん空が暗くなってきました。

ついさっきまで、近くの「ユンニの湯」(ふるさんACから車で5分)で温泉に入っていたのですが、帰る時にはすっかりと雨に変わってしまいました。他のお客さんも、玄関のロビーで立ち往生。さすが6月…最近は北海道でもすっかり梅雨モードです。

さて、先月高速化に成功したたまごろう(スモールエッグ:ETC車載器の再セットアップで牽引有の登録にしただけ)に続いて、夏の本州上陸に向けてさらなる進化を遂げようと、今回B社のモバイル端末を購入しました。いよいよ、キャンプ場でもネットサーフィンが可能になりました。

┏(・o・)┛┗( ・o・)┓┏(   )┛┗(・o・ )┓┏(・o・)┛←喜びの舞い

…ということで、明日はお友達も合流の予定。娘もなにやらはり切っています。晴天祈願!(^人^)(^人^)(^人^)(^人^) てるてる坊主さまー!!

| | コメント (4)

2009年6月 6日

スモールエッグ24℃~本州上陸計画⑥

Img_7218 北海道の6月は、ストーブをつける必要はないまでも、ずーっと野外で活動するにはちょっと微妙な天候です。

念願の主夫生活も、なんとか2か月が過ぎていきました。娘や王子を連れて、小児科に行ったり、歯科にいったりもしましたが、娘の運動会も無事に終わり、家族4人はまずまず健康のようです。家事の合い間を縫っては、ぽかぽかの庭野玉五郎(庭に置いてあるスモールエッグ)の中でまったり読書をしたり、王子と遊んだりしていました。本日の室温は24.2℃

おととい、ETC車載器の再セットアップに行ってきました。約30分程度の作業で、3000円也。牽引装置が「なし」から「あり」へと登録内容の変更をしました。ETCを導入した当初は、まさかこのTB-1(ニュービートルカブリオレ)で何かを牽引するということは全く考えてもいませんでした。これで、たまごろう(スモールエッグ)を牽引して、高速道路のゲートも停まらず、快適にバーを通過することができそうです(ただし時速10km以下)

ちなみに、2年ぶりのTB-1の車検ですが、水温センサーやドアロックの交換、クラッシュセンサーの調整などを含め、今回はなんとディーラーに10泊という長期滞在で、破格の20萬円となりました。本州上陸を前に、怪しいところを全部見てもらったことになるのですが、まさに家計にも心臓にもびっくりの内容になってしまいました。ガ━━━(;゜Д゜)━━━ン今月は、たまごろう(スモールエッグ)の車検もあるというのに…(T_T)

8月のたまごろう本州上陸に向けて、フェリーの予約も始まりました。一般乗用は2か月前で、トレーラーを貨物扱いとするところは1週間前からの予約スタートになるそうです。とりあえず、8月1日の函館発青森行の津軽海峡フェリー12便「ナッチャン・ワールド」の家族4人分のクワッド・シートを予約しました。

というわけで、「珈琲焼酎SOLEIL~たまごろう本州上陸記念」のラベルを作ってみました。中味はコロンビア・スプレモ・アンジェリカ。向こう側の2本は、ニッカ余市蒸留所限定原酒シングルカスク5年と10年(写真)。いい色してるでしょ…モチロン(^o^)オイシイヨ!!

| | コメント (8)

2009年5月16日

陽春の候~本州上陸計画⑤

Img_7070

今日スーパーに買い物に行ったら、短パンを履いている男の人を今年初めて見かけました。気温もようやく20℃を越え、いよいよ、北海道も暖かな季節になってきました。ソロソロ(^-^)ワタシモ

妻が無事に牽引免許の卒検に合格することができました。検定員の先生には、試験直後車内でずいぶんと長いこと指導を受けたそうですが、何はともあれ、先週土曜日にスタートし、ちょうどまる1週間で牽引免許取得というわけですから、妻もかなり侮りがたし…です。

結局はバックが鬼門だったようで、検定ではヘッド車とトレーラーがずいぶん情けない格好(くの字)で方向変換をすることになったそうです。「もういきたくない」とか「なんでこんなことやっているの…」とかと、この1週間はかなり後ろ向きな発言が多く、特にここ数日は夜間も夢で実技講習をやり、かなりうなされていました。(;¬_¬) アヤアヤ…Zzz (´~`) モウヤリタクナイ…

とりあえず、祝卒業ということで、夕食は家族4人で、スーパーで買ってきた徳用お寿司をつまむことにしました。めでたし、めでたし…。

さて、たまごろう(スモールエッグ)の本州上陸ですが、いよいよ煮詰まってきました。フェリーの予約がきっちりと2か月前からなので、多少余裕を感じていたのですが、各方面といろいろと話をしているうちに、なんかあっという間に日程が決まっていきました。

今回の本州渡航のきっかけとなった、市川三郷町の「神明の花火大会」ですが、8月7日(金)の日に合わせて、あちらこちらと花火を見ることができるオートキャンプ場を探してみました。地元の方のアドバイスで、当日の道路の混雑と、初めて見ることになる王子(息子1歳6か月)に配慮し、四尾連湖への登山道の途中から遠く花火を見下ろすことになりそうです。(くわしくは拙ブログ2008年8月5日号参照)

…ということで、かなり鮮明になってきた2枚目の青写真はこんな感じです。

8月2日(日)・3日(月)…福島県羽鳥湖高原「レジーナの森」で、たまごろう泊
4日(火)・5日(水)・6日(木)…山梨県北杜市「ビッグランド」で、たまごろう泊
7日(金)…山梨県四尾連湖「水明荘」の山荘部屋泊(※8日から1日ずれて7日になりました。)
8日(土)・9日(日)・10日(月)…静岡県富士宮市「新富士AC場」で、たまごろう泊

あとはフェリーの日程かな?往路は函館~青森、復路は大洗~苫小牧を利用することになりそうです。今日のモルトはやけにうまいなぁ…( ̄ー+ ̄)グシシシ

| | コメント (8)

2009年5月 8日

ニセコ「モルト」紀行

Img_6574

オートキャンプ2日目は、今回HI・SO・KAに楽しみにしていたニッカウヰスキー余市蒸留所の見学(もちろん家族4人で:写真㊤)。最近、とあるバーテンさんに勧められてすっかりとモルトウイスキーにはまってしまった私にとって、そこで見るもの、聞くもの、香り…そのすべてが、まさに感動体験でした。シングルモルト\(◎∠◎)/サイコー!!!

偶然やっていたGW特別企画「香り当てクイズ」にも挑戦してみました。3択で「シングルモルト余市10年」を当てるというものでしたが、家でも飲み慣れていたお酒の香りだったので、わりと簡単に当てることができました。ウーム( ̄ー+ ̄)コレダナ…ピントキマシター!

Img_6588見学ツアーの最後には、記念品と、娘と王子(息子)にはソフトクリームの無料券をいただき、まさに上機嫌。売店では、店員さんと「樽」談義…帰りには、シングルカスク5年と10年(一つの樽の原酒のみを瓶詰めした限定品:Ac度数60前後)をそれぞれ自分のお小遣いで購入しました。コンドキタトキハ15ネン&20ネンヲ…ムニャムニャ ( ̄~ ̄) ムニャムニャ

Img_6701とにかく、キャンプ場に戻り、その日の夜はモルト原酒祭り。いつもの珈琲焼酎、新作「コロンビアスプレモアンジェリカ」と「タンザニアAAモンデューロ」も持って行ったわけですが、わざわざ足を伸ばして行った蒸留所のあの貯蔵庫に5~10年眠っていたという、お酒を飲むのが、なんとも言えず至福でした。(写真㊦)

…というわけで、3泊4日の「TB-1+たまごろうinニセコ春の陣」、夜はちょっと寒かったけど、いい旅になりました…スタッフの方の話では、秋もかなりいいらしい…どうしよう…その前に…。

夏のたまごろう本州上陸作戦。朝食のトラメジーノ(ホットサンド)は、洗う物も少なくすみ、手軽に美味しく食べられるのでとてもよかったです。新しいナビも、しっかりと活躍してくれました。さて、今度はどこに練習にいこうかな?ETCを使って高速たまごろうを体験しようかな?

明日からは、いよいよ妻の牽引免許の講習もスタートします…どうなるかな?バック??く( ̄△ ̄)ノガンバレ、ツマァ!!

←左側に「D´SOLEIL的生活~ニセコ編」を新設しました。/~\がいっぱいです。8月に本物の富士山を見るのが楽しみだなぁ…ふぉふぉふぉっ (V)o\o(V)

| | コメント (8)

2009年5月 7日

ニセコ「スイーツ」紀行

今回メインに考えていたニセコ春スキーは、何回かスキー場の前の道路を通ったものの、諸事情で延期。

Img_6843いつものように、たまごろう(スモールエッグ)を、キャンプ場のサイトに置いたままで、家族4人でTB-1(ヘッド車:ニュービートルカブリオレ)に乗り込み、ニセコ周辺をドライブしました。

倶知安町に住むおばあちゃん家を訪ねたり、もらったお小遣いを使いに余市町で買い物をしたり、ニッカの蒸留所を見学したり、娘のローラーブレードをやりに近くの「総合運動公園」に行ったり、秘湯「薬師温泉」(写真㊤)に入ったり…などなど。

Img_6883自宅から持っていった、「いきなりだんご」(写真㊥)、「塩味饅頭(赤穂)」、「干し芋」、「羊羹」の他に…端午の節句にちなんで「べこ餅」、最近お気に入りのM社謹製「10円饅頭」、「酒ケーキ(倶知安)」、倶知安に住むおばあちゃんからもらったお菓子各種…。食べる以上に増えるスイーツ

おまけに、温泉めぐりで立ち寄った31アイスクリームでは「ストロベリーソルベ」(乳製品不使用)、某所では、ソフトクリーム「天使のわけまえウイスキー味」…これだけ甘いものが揃えば十分でしょう夜はしっかり歯磨き(^ =+^)虫歯ナーシ!

Img_6851何よりも、今回、娘が枯れ木を集め、焚火で焼いた、ほとんど炭化した「焼き芋」が、また格段の美味しさでした。新聞紙とチャッカマンとうちわだけで、ここまでできるとは(写真㊦)…娘もなかなか侮りがたい…次号へ続く。

| | コメント (6)

2009年5月 6日

いざニセコ!~春の陣

Img_6762_2GW(ゴールデンウィーク)は、家族4人で、念願のニセコ・サヒナ・キャンプ場(蘭越町)に3泊4日で行って来ました。友達の誰に聞いても薦められるだけあって、サヒナは評判通りの自然豊かなキャンプ場でした。(写真㊤)

Img_6721 漢字の「草」の文字を、分解しもじった「サ・日(ヒ)・ナ」は、舗装面が全くありませんでした。いつものキックボードが自由に使えない娘や、ボール遊びが禁止で大好きなボールが使えない王子(息子)は、ちょっと退屈することもありましたが、いつのまにか、サヒナの自然に親しみを感じていったようです。(写真㊥)

Img_6946何よりもメインストリートの正面に、羊蹄山(蝦夷富士)がドドーンと見えるのが嬉しくて、ついつい私は日の出前からカメラと三脚を両手に持って、東の空に上る太陽を、一人でずーっと待っていたりもしました。(写真㊦)

専業主夫生活をはじめて、約1か月が過ぎました。自分でできそうなことは、何から何までとにかく一人でやってみようと、キャンプの計画から食事の準備まで徹底的に自力でやってみました。

案の定…数々の忘れ物がキャンプ場で判明しました。

今回の痛恨の忘れ物№1は、ポータブルストーブ(ガスボンベ式)。冬に野外で使おうと考えていて、そのまま自宅の物置に忘れて来ました。おかげで夜は、一人センターハウスで、飲酒&読書…これもなんか「乙」でした。(@^_^)ゞ ポリポリ…

№2は、醗酵ウコン粒(二日酔い対策)。最近、これがないと安心して深酒ができないのです。う~む、これはなんとも「痛」でした。ウコンガ┌(。Д。)┐ナイト…

反対に、持って行って嬉しかったものは、ゴム手袋。最近、当たり前に温水が出るAC場が多かったので、食器洗いの時のまさに救世手(主)になりました。水がとにかく「冷」でした。ミズガ{{{{(+_+)}}}}ツメターイ!!

その他、もろもろ…ということで、次号に続く。(^-^)/~

| | コメント (8)

2009年4月26日

春雪の候~本州上陸計画④

遅ればせながら、ようやくわが家の四十一郎(私)は、近くの神社で厄払い(本厄)の祈祷をしていただきました。いただいた御札はどこに納めようか…御守りはどこに掛けようか…絵馬にはなんて書こうか…云々を考えながら、目下PCに向かっています。

今日は朝から1日中、雪混じりの雨が降っています。GWにお伺いする、ニセコサヒナAC場の方から、親切にもお電話をいただきました。サイトにはまだ、一部雪が積もっているところがあり、暖かい服装でお越しくださいとのこと。また、途中の峠越えには、やはり冬タイヤが必要だろうということになりました。安全運転に気をつけて、今シーズン初のオートキャンプを家族4人+たまごろう(スモールエッグ)で楽しんでこようと思います。

そして、いよいよ今年の夏にせまった、たまごろうの本州上陸計画の1枚目の青写真が出来上がってきました。

8月2日・3日の2日間、羽鳥湖高原「レジーナの森」(福島県天栄村)のキャンピングカーサイトを予約しました。函館からフェリーに乗って青森へ、そして、東北自動車道をひたすら南下。

TB-1+たまごろう(ビートル&スモールエッグ)で、走行距離約600km。何日かかるかわかりませんが、この「レジーナの森」の温泉&スパ施設で、キャンピングトレーラー旅の疲れを癒し、ドームコテージを見ながら、まったりと2日間を過ごそうと考えています。

また、メインになる富士山周辺の動きも、予約のスタートが5月中旬からなので、まだ確定ではないのですが、8月4日・5日が富士山の麓周辺のAC場、8月6日・7日が本栖湖周辺のAC場…って感じで考えています。フェリーの関係の日程が決まれば、全行程もはっきりするはずです。

決まり次第、ちょくちょく各方面に連絡する予定です。いろいろと、お世話になります。よろしくお付き合いください。(^_^)/

| | コメント (4)

2009年4月11日

ひねもす♪たまごろうカフェ

Img_6255 毎年のことですが、たまごろう(冬期間使用不能だったスモールエッグ)のガス・水回り点検で、ガスコンロに火がつき、十分に温まった電気ボイラーから温水が出てくると、ほっと一安心します。

今年も、初めは水道の蛇口から、水がチョロチョロとしか出ませんでした。案の定、ホースとノーズの境目の網状のフィルターに物が詰まっていました。きれいに取り除くと、勢いよく水が流れ出るようになります。

おととい、王子(息子)とドライブがてら、いつものコーヒー豆問屋さんに行って、今回もいろいろと買い込んで来ました。

コロンビアスプレモアンジェリカ(南米系)・ペルーパンパスデルインカ(南米系)・タンザニアAAモンデューロ(キリマンジャロ系)・モカシダモG2(モカ系)・トラジャ(アジア系)の5種類の生豆をチョイス

ストーブと冷蔵庫の点検も無事に終わり、いよいよ、GWのニセコに向けて、本格的な準備に取りかかりました。朝から夕方まで、洗濯物が干してある庭で、のんびりと過ごしました。何種類のコーヒー豆を焼いたことになるでしょうか。髪の毛が、すっかりとコーヒーくさくなったなぁと感じる春の1日でした。(^_^)y-゚゚゚゚゚

| | コメント (4)

2009年4月 6日

わくわくトレーラー

Img_6224 4月4~5日に開催された第12回北海道キャンピングカーフェスティバルに、今年も家族4人で行ってきました。

王子(息子)がパンを食べられるようになった(小麦粉の除去食解除)記念に、SPのトラメジーノ(ホットサンドクッカー)を買おうとはりきっている妻。今年こそは抽選会で豪華景品が当たるような気がしている娘。

残念ながら、わが家の通称「女の子チーム」(妻&娘)の思惑は空振りに終わりましたが、通称「男の子チーム」(私&王子)は、約80台ものキャンカーの数々をこの目でしっかりと見ることができて、すっかりと大興奮の1日になりました。

特に、北海道初登場のiCamp(アイキャンプ:インディアナRV)の出来栄えには、びっくりさせられました。トイレ兼シャワールームが余裕の広さ…内装がこだわりの作り込み…さらに窓がすべて引き戸仕様。4年前にこれが出てたら、スモールエッグを買うかどうかで、もしかしたら迷ったかもしれません。色もシルバーが追加され、デザイン性と実用性を考慮された国産トレーラーで、ちょっと重量が気になるところですが、前作のRENと比べても、かなり進歩したような気がします。(写真:手前は王子

何よりも、日本人が、日本人のために考えて作ったというところが、嬉しいわけです。日本にも、エコで快適なトレーラーライフが定着する日も、きっと近いことでしょう。デザイナー兼社長のF氏とも、忙しい最中いろいろとお話ができました。今度お会いしたら、名刺代わりにSPLMをお渡ししようと思ってしまいました。フォッフォッフォッフォッフォ・・(Y)o\o(Y)

| | コメント (4)

2009年4月 3日

本日開店!スモールエッグ!!

Img_6178 庭の砂場もオープンし、冬囲いも完全撤収。いよいよ、今シーズンの快適たまごろう生活(D´SOLEIL的生活)がスタートしました。(写真㊤)

まずは、恒例のバッテリーチェック。冬季間はずしたままのバッテリープラグを接続し、通電を確認して、自宅の電源から充電開始。すぐに、CDプレーヤースタンバイで、好きなBGMを聴きながら、次の作業に取りかかりました。

青色のビニールシートを外し、窓を開けて、今度は、サイクルキャリアを装着。8箇所のネジ止めには、ずいぶんと時間がかかりましたが、BGMを聴きながら、のんびりと作業を進めました。(写真㊦)

Img_6192 庭では、娘と王子(息子)がにぎやかに砂遊び、庭野玉五郎(庭に置いてあるスモールエッグ)では軽快な音楽が…と、平日の午前中からHAPPYなオーラを出しまくっていたのでしょう。買い物帰りのおばあちゃん2人が、声をかけてくださって、玉五郎の中を見学していかれました。

家の前を通るたびに、気になっていたとのことでした。ふ~む、タマゴねぇ…。ご高齢の方々にも、この形はどうも気になるらしい。

┏(・o・)┛┗( ・o・)┓┏(   )┛┗(・o・ )┓┏(・o・)┛

時間があっという間に過ぎて、ガスや水回りの点検をすることができませんでした。ガ━━(;゜Д゜)━━ン

さて、日曜あたりは、たまごろうカフェでもオープンさせるかな?!

| | コメント (4)

2009年3月31日

輝け!主夫の☆!!

明日から4月だというのに、北海道はまだちらちらと雪が降っています。妻が職場復帰で入れ替わるかのように、今日から、いよいよ本格的な主夫生活がスタートしました。

昨日の会社の送別会では、同僚らからのサプライズで、花束をいただきました。たった1年間、育児休暇で、仕事を留守にするだけですが、なぜか「輝け!主夫の星!!」という横断幕をもらったり、お世話になった上司からは大好きなイタリアの赤ワインをもらったり、知り合いからは真っ赤なエプロンをプレゼントされたりと、1年後の職場復帰を心から待ってますなんて、うーむ、なんか怖すぎます。

さて、北海道もいよいよ、キャンプシーズンに突入の時期を迎えました。今年で12回を数える、北海道キャンピングカーフェスティバル(4月4~5日アクセスサッポロにて ※入場料1000円)

私的には、たまごろう(スモールエッグ)と同種の、iCamp(アイキャンプ:下表紙写真)の実物を見るのが楽しみです。昨年のRENに続いて、今年もいろいろとお話しようと考えています。妻的には、併設のアウトドアフェスティバル…娘的には、空クジなしの恒例大抽選会…王子(息子)的には、とにかく大きな車…と、それぞれ目的は違うのですが、しっかりと今年のオートキャンプのイメージトレーニングをしてこようと思います。ワクワクo(^o^o)(o^o^)oワクワク

ちなみに、下はバイブルというか、教科書みたいなもので…(^0^)σゼヒ イッサツ!

キャンピングトレーラーfan 2009 (2009) (ヤエスメディアムック 228)

買ったきっかけ:
最近すっかりと、トレーラーライフに慣れました。家族も多くなったし、脱コンパクトトレーラーなんて…。

感想:
前回の「トラベルトレーラーfan」と同じような内容でしたが、1年に1回の発刊を考えると、今回もずいぶん楽しめました。
ショップで、実物を見るのもいいですが、写真でいろいろと想像し、他社のトレーラーと比較しながら、読めるのが面白いです。

おすすめポイント:
まさに、スマート&アクティブ!キャンピングトレーラーの購入バイブル!!

キャンピングトレーラーfan 2009 (2009) (ヤエスメディアムック 228)

キャンピングトレーラーfan 2009 (2009) (ヤエスメディアムック 228)

| | コメント (4)

2009年3月21日

春風と玉五郎♪

いよいよ、年度末が近づいてきました。春は、旅立ちの季節。いろいろとお世話になった社長さんも、この3月をもってご勇退。コーヒーが大好きな社長さんで、よく飲み会では、コーヒー談義に花を咲かせたものでした。退職後は、農業をするとのこと…なんか羨ましさを感じてしまいます。

さて、日中は0℃を越えることが多くなった、ここ北海道。わが家の庭の雪がどんどん融けて、あと数日で雪が完全になくなるというところまで来ました。

Img_6108今日の午後は、庭の雪割りをした後に、庭野玉五郎(庭に置いてあるスモールエッグ)の中にしまっていた、テーブルやらディレクターズチェアを出して、ウッドデッキに並べました。

冬囲いを外したら、本当の春が来るんだなぁ~。まだまだ冷たい春風を感じながら、焼き立てのコーヒーを美味しくいただきました。

いよいよ、4月からは私の育児休暇がスタートします。先日、某家電量販店で購入したカーナビに、お気に入りのキャンプ場を登録して、地図上のあちらこちらを1人旅して楽しんでいました。今年のキャンプインは、GWのニセコサヒナキャンプ場に決まりました。本州上陸の前に、たまごろうをひっぱって高速道路に乗ったり、美味しいお酒を仕入れたり、仕込んだりしたいです。

| | コメント (4)

2009年3月 8日

ぽかぽかトレーラー

Img_5987北海道のキャンプシーズンのメインは、5月~10月の約半年。1年間の約半分は、行きたくても家の中でごろごろしていなければなりません。もちろん、ガッツがある人は、それでも装備を整えて出陣するそうですが、なかなかそういう気にもなれずに、ここ数年は家族でまったりとした冬を過ごしています。 (*^ー^)人(*^-^*)(*^-^*)人(^ー^*)

北海道の冬の生活に欠かせないのが、ストーブ。今回お邪魔した、キャンピングレンタサービス㈱のぽかぽかフェア(※ブログ→)では、キャンカーに標準装備されたFFヒーターが、静かにその存在感をアピールしていました。

ぽかぽかと暖かい要牽引サイズのトラベルトレーラー(アイフェルランド:ホリデー500TK)の室内で、家族4人でまったりとしているところに、お世話になっているキャンピングレンタ㈱の社長さんが、入って来ました。

ここの引き戸をこうすると、なんと2部屋に仕切れると言う話やら…後方のダイネットが完全なフラットになって、4畳半くらいのKO・A・GA・RIスペースになるやら…まるで新居を探す若い夫婦がマンションの間取りをいちいち説明されて喜んでいるように、もらえるものは全てもらい、物件を見るだ~け楽しんで、家族4人で夢を広げて帰って来ました。

牽引免許は、別に持っていても、邪魔になるわけでも、腐るわけでもないし…息子の嫁さんも1週間でとれたなんて、社長さんが言うものだから…私もひっぱりたい…なんて、妻もすっかりとその気になっています。☆ъ( ゜ー^)>ナマラホンキモード

今回は特別に、インディアナRVのF氏ともお話をすることができました。もともとは北米産で中国で日本向けに改良された、話題のコンパクトトレーラー「iCamp(アイキャンプ)は、只今日本全国を行脚しているとのこと。実物を見ることができなかったのは残念でしたが、次回、4月4~5日の北海道キャンピングカーフェスティバル(inアクセス札幌)で北海道初上陸とのこと、またお会いするのが楽しみです。

写真は、ひな人形と玉五郎(庭においてあるスモールエッグ)です。今年は、王子(息子1歳)の関係で、極めて短期間のお披露目になりました。

| | コメント (6)

2009年3月 1日

続・本日は、スキー日和…プラス 

Img_5998 毎年恒例の日高スキー合宿。学生時代にお世話になった大先輩のおゆきさんに会いに、今年も家族みんなで行ってきました。たぶん、スキーは今シーズンの最終便になるでしょう。(拙ブログ2007年2月25日号、拙書SPLM65頁)

行きも帰りもR274(国道274号線)は、車道の雪が消え、乾いた路面がはっきりわかる程の安全快適運転。途中には、シルバーのスモールエッグを引っぱるランドクルーザーとすれ違いました。今度はどこでお会いできるでしょうか…O(^◇^O)=3=3=3今度はこっそり尾行しよう

Img_6084 日高国際スキー場では、娘は一人用のリフトに乗り、林間コース(ロング)に初挑戦。起伏のあるジグザグな林道を、スノースクーターの私と、冒険スキーに興じました。コースの途中では、真新しい動物の足跡(たぶんウサギ)をたくさん見つけることができました。

少し固めの雪質ですが、雪上車で均したばかりの平板な雪面に、娘はやや強引にも短めのシュプールを描いて楽しんでいました。今年はスクーターで、なんと1回も転ばなかったです。私も成長しました。(^_^)v

夜は、黒霧島(芋焼酎)VS珈琲焼酎に、フランスワインが加わった3つ巴。アラフォー男が5人も揃って、連夜の酒盛り。常備薬のウコン粒がこの2日間で、すっかりとなくなりました。

さて、帰り道、いつものキャンピングレンターサービス㈱さんの新春ぽかぽかフェアに立ち寄りました。完全に粗品めあてに立ち寄っただけだったのですが、誘われるままに入ったトラベルトレーラーがすっかり気に入り、妻と2人で人生設計に多少の調整を加えることになりました。なんと、妻は今年中に、牽引免許を取る…のだ、そうです。マジデ??(゜Д゜;)次号に続く…。 

| | コメント (6)

2009年2月15日

向春の候 本州上陸計画③

いわゆる暖冬か?はたまた地球温暖化の序章か?雪かきが少なくて済むのはいいのですが、なんとなく物足りない2月を過ごしています。

雑誌オートキャンパー2月号の別冊付録「道の駅ガイド2009東日本編」が気に入り、3月号をわざわざ娘と書店まで買いに出かけました…本日発売日につき。結局未入荷のため、購入は来週に持ち越されたわけですが、着々と今年の夏のたまごろう本州上陸計が前に進んでいます。

AUTO CAMPER (オートキャンパー) 2009年 03月号 [雑誌] AUTO CAMPER (オートキャンパー) 2009年 03月号 [雑誌]

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

この「東日本編」には、正直にも「岐阜」も「静岡」も「愛知」も「滋賀」も載っていません。たぶん、道の駅は緊急避難所的な使い方しかしないつもりですが、「西日本編」がどうしてもほしくなってしまいました。

週末には、ひさびさにTB-1(ニュービートルカブリオレ)で、買い物に出かけました。

まずは、カーナビ。約5年前に購入したS社のものが型もデータも古くなり、さすがにこれをたよって本州に行くわけにもいかないので、まずは得意のカタログ収集と価格調査。高機能のものがずいぶんと小型でお安くなったんだなーと、しみじみ商談。新型が出揃い、価格が安定するまで、もう少し様子を見ることにしました。

また、どうしても、旅先でPCを使う関係で、モバイルの端末が必要となります。家電量販店の担当の方と、使用頻度や期間、内容などをいろいろと協議しました。こちらの方は、すでに購入している端末を引き続き、更新して使うことになりそうです。

このまま、北海道も春になるのでしょうか?今年はTB-1も、たまごろう(スモールエッグ)も、車検の当たり年。本州への上陸作戦が、片道切符にならないように、今から計画的にお金を使っていこうと思います。

| | コメント (10)

2009年2月 3日

豆まきの後で…

Img_5788 学生時代の友人が、わざわざ見つけて送ってくれた、王子用のあるおもちゃ。この日の夕刻、仕事帰りの私は、玄関のところで、宅配便のお兄さんから、直接手渡しでいただくことができました。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

その箱の大きさと微妙な軽さから、中身がLEGOデュプロのトレインデラックスセット(3772)であることが、すぐにわかりました。(写真)

王子(息子1歳4か月)のために贈られたものですが、私が袋から取り出すと、適当に包装紙をはがし、早速ガチャガチャと作り始めるのは、娘(小2)の仕事。

東北東の方角を向いて、実家のお母さまが作ってくれた太巻を、心静かに食べ、野外にまで「鬼は外、福は内」と豆(落花生)をまいて、年の数だけ豆(煎り大豆)を食べ、お風呂に入り、水分を補給した後は、寝る直前まで親子3人で、無心にレゴブロックで遊びました。(^_^)v (^_^)v (^_^)v 

電動の機関車が3台に増え、線路の切り替え装置(ポイント)も4つになりました。今まで以上に複雑な路線を作ることができて、父は大変満足しています。娘もパッケージを見ながら、写真とそっくりのものを作ることができるようになりました。王子も寝そべって、機関車が音を立てて走り行く様を、だまって見ています。

暦の上での節分。家の外は、あいかわらず寒い北海道ですが、家の中は、今夜も熱気に包まれています。

| | コメント (5)

2009年2月 2日

青息吐息…ブルーなスモールエッグ

Img_5753 たまごろう(スモールエッグ)がわが家の庭に来て、3回目の冬。とうとう、屋根の塗装が数箇所剥げて、痛々しい姿になってしまいました。(写真)

冬季間は、庭野玉五郎(庭の駐車スペースに置いてあるオブジェ化したスモールエッグ)として、風雪に耐える状態が続いていました。1、2年は、屋根の光沢で、積もった雪もさらさらと落ち、なんとも風情のある眺めでしたが、去年の夏に実家の松の枝に屋根をひっかけ、一部が傷つき、この冬の風と雪で、一気に傷だらけの玉五郎になってしまいました。

お世話になっているキャンカー屋さんにも相談しましたが、有効な手立ては今のところないようです。このままでは、ちょっとかっこわるいので、来春には一度、屋根全体を覆う透明のカバーを、全部剥がそうと思います。スマン(-∧-;)タマゴロウ

Img_5770 とりあえず、応急処置として、ブルーシートを2つ折にして、4隅の取っ手に結び付け、防雪・防風のカバーにしました。なんか、スモールエッグの屋根がブルーに、私の気持ちも一気にブルーになりました。はじめっから、こうやっておけば…(ToT)泣けるぅ…。

しばらくは、家の窓から、青のりを巻いたような玉五郎を眺めては、ため息をつく日が続きそうです。抜本的な解決にはならないので、とりあえずはこのままで、今年の冬を何とか乗り越えようと思います。う~む、困ったわい… ( ̄~ ̄)

| | コメント (3)

2009年1月25日

青空の下の休日

Img_5762 休日の青空に誘われるかのように野外へ。先々週から作り始めた、毎年恒例の「かまくら」(スノードーム)をいよいよ完成させようと、娘と2人で勢いよく飛び出したわけですが、先週降った雨で、雪はすっかりと固まり、作りかけのかまくらは小さくしぼんでいました。

あっさりと、かまくら作りを断念し、娘は雪玉作りに、私はカメラを片手に大の字に。手足を思いっきり広げた私の体を、雪が暖かく包み込んでくれました。穏やかな1日になりました。

昨夜行われた、例の書道展の祝賀会では、美味しいお酒をずいぶん飲ませていただきました。最近足繁く通っているカクテルバーでは、マスターとシングルモルト談義にも、話の花を咲かせまくりました。2009年も、いよいよ始まったなぁ~という感じです。

Img_5731 早く春が来ないかなぁ~なんて、休日をまったりのんびりしたいところでしたが、な、なんと、庭野玉五郎(庭においてあるスモールエッグ)が大変なことに、なってしまったのです。あやや、や~ね~次号へ続く。

| | コメント (5)

2009年1月18日

オーガニック・アマレロ・キボー・リオ・アンジェリカ~♪(新珈琲物語②)

Img_5638 クリスマスにサンタさんからいただいた最新型のゲーム機のおかげで、なぜか私の右手だけが、筋肉痛になりました。おととい、誕生日を迎えた娘が、今日も顔を真っ赤にして、コントローラーを上下左右に振っています。写真は妻特製のフルーツタルト(小麦粉不使用)。

さて、いつものコーヒー問屋さんに、新年のご挨拶に行って来ました。ひさびさの生豆倉庫は、頭の芯まで冷えるような寒さで、工場長との言葉少ない会話の中で、無事にコーヒーの生豆をチョイスしてきました。自宅の生豆の在庫がいよいよ品薄になってきたので、今回は贅沢にも、5㎏も購入してきました。マンデリンオーガニック・タンザニアKIBO・ブラジルブルボンアマレロ・ガテマラリオアズール・コロンビアスプレモアンジェリカの5種です。

納品書(兼領収書)を机の上に置いていたら、妻がそれを見て、しみじみ5キロで4935円というのは安いわね~と感嘆の声。生豆とは言え、あの美味しい味を、100g100円以下で飲めるというのは、今時の奇跡と言えるでしょう。今回は工場長のアドバイスで、香りが立つように、柔らかめの豆を選んでみました。表面が柔らかな分、焙煎に時間がかかるわけですが(例:マンデリンで約10分焼く)、手間がかかる分、香ばしい贅沢な時間を過ごすことができます。

ちなみに、妻がお気に入りの、通称「アンジェリカ」は新豆で、1kg800円。今回の5種の中では、一番お買い得な豆です。今回は、かなり浅煎りで飲んでみました。あっさりと飲みやすいそうで、たまごろう(スモールエッグ)2009年の常備豆の第一号に内定しました。新しいコーヒーミル「ナイスカットミル」も、評判通りの仕事ぶりで、休日の美味しい時間をナイスアシストしてくれました。はっきり言って、これはおすすめです。「カットミル」を買ってみる?!

カリタ 電動コーヒーミル ナイスカットミル シルバー カリタ 電動コーヒーミル ナイスカットミル シルバー
販売元:ケンコーコム
ケンコーコムで詳細を確認する

| | コメント (6)

2009年1月15日

新旧交代その3~新珈琲物語

年も改まり、新しいコーヒー機器(マシーン)を使うことにしました。平成15年2月に購入したD社のコーン式コーヒーグラインダーは、本日付けで勇退。後任はK社のナイスカットミル(写真:右側)です。

Img_5556 勇退した旧マシーンは、トウモロコシ型の挽き刃があって、電動で上下2枚の刃が低速で回転し、コーヒー豆をムラなく均一の大きさに挽く仕組みになっています。(写真:左側)以前に使っていた、廉価モデルの電動プロペラ式では実現できなかった、挽きムラや摩擦熱による風味の劣化を抑えることができ、ちょっとした喫茶店の味を自宅でも再現することができました。

基本的にキャンプなどで、手動でガリガリやるのが、風情もあいまって美味しいところですが、さすがに自宅で、焙煎器をシャカシャカ振るは…ミルをガリガリ回すは…では、さすがに待ちきれません。このマシーンは、私の毎日の珈琲生活を快適にした幻の名器(現在製造中止)というわけです。

さて、いよいよ、最後の一杯、いろいろと思い出深いモカ・ジェマドロ豆を挽きました。自慢のコーン式の挽き刃も刃先がずいぶんと欠けてきました。ガリガリ…ウィーン…まだまだ現役として、なんとかだましだまし使えそうですが、これが最後となりました。綿棒を使って、細かな汚れも取り、部品を1つ1つきれいにして、箱にしまいました。博物館があったら、そこに永久に保存しておきたい、そんな気持ちです。

長い間、本当に世話になったなぁ…お疲れさん、そして美味しいコーヒーをいつもありがとう。新しい珈琲の物語が、またここからはじまります。

| | コメント (2)

2009年1月11日

本日は、スキー日和

Img_5222 今年は、家族4人でキロロにスキーに行ってきました。冬は水回りが完全に使用不能なたまごろう(スモールエッグ)は、今回も自宅の庭で寂しくお留守番。

今回はめずらしく、ゲレンデに隣接したホテルの1階の和室に宿泊した関係で、スキーと休憩が非常にスムーズでした。私は、妻と交代しながら、午前も、午後も、夕方も、娘とスキー・スキー・スキー(写真㊤)。ホテルに戻っては、昼寝の王子(息子1歳2か月)を横に、思いっきり読書もできました。

朝里岳の山頂(写真㊦)は-11℃。上下にブレスサーモを着て、体のあちらこちらに携帯カイロを貼りまくっても、さすがに顔だけはとびきりに寒かったです。ゴンドラ(通称:キロロドラゴンby娘)では、リュックに入れてあった冷たいチョコレートを、口の中でゆっくりと融かしながら、ぼんやりと冬の景色を楽しむことができました。夕空の月と金星がなんかロマンチックに輝いていました。(^з^)(^з^)-チョコウマウマ☆ホシキラキラ

Img_5352

今回ウィンタースポーツに初挑戦の、わが家の王子は、妻と娘と3人で、そり滑りをそれなりにやっていました。単なる寒さのガマンくらべかと思いきや、同年代の子の様子を黙って眺めて喜んでいました。キャッキャッε(^。^ε

夜は、カメラを持って一人星空スキー。天頂近くの月を見上げては、時間いっぱいまで撮影と滑走にチャレンジしました。また、行きたいなぁ…うんうん。…というわけで、カメラのレンズキャップをまたどこかに忘れてきたらしい。(これで2回目…税込500円也)アホダナ(-。-)y-~~~~

| | コメント (6)

2009年1月 5日

謹賀新年2009☆☆☆

あけましておめでとうございます。柔らかな日差しの下で、実家では、のんびりとしたお正月を過ごしてきました。

年末年始は、一族で恒例のボードゲーム三昧。娘がもらった○゛ラえもんの日本旅行ゲームやチケットトゥライド、(普通の)モノポリー…を、親戚のおじさんや実弟、母、妻に娘と、みかんの皮をむきながら、にぎやかにゲームを楽しんでいました。成績は5戦3勝ですから、近年まれに見る好調ぶり。新年早々のうかれぶりに、娘はおろか、妻までが、私に冷たい視線を送っています。

ということで、不惑の四十郎の、今年は…。

☆な、なんと…今年の4月から1年間、児休暇を取ることにしました。4月からは、業主夫として、自宅の台所に立つことになります。自分でも、学生時代や独身時代に1人暮らしをしたことがありましたが、仕事もお勉強もしなくてもいいという時間は、この40年間に一度もなかったように思います。40歳の選択(実はもうすぐ41歳)として、初めて、積極的な生活を送ってみようと思います。

☆せっかく…1年間(=365日間)仕事から解放されるわけですから、いろいろなことに挑戦してみようと、夜も眠れないほど、考えているわけです。基本はですが、春は…、夏は…、秋は…、冬は…、といった感じで、日本の四季をしっかりと味わおうと考えています。

☆そして、この2009年は、世界天文年なんです。う~む。日本でも皆既日食(7月22日)が見られるらしい…。

さて、2009年は、なにかと大変な年になりそうです。

年末に降った大量の雪が、屋根から見事に滑り落ち、驚くほどの重さと硬さになっていました。昨夕自宅に戻り、今日は朝から雪と格闘の1日。

もう風邪はひきたくないなぁ~とりあえず、厄払い?!あっ初詣いってない…年賀状がまだ…今年もよろしくお願いします。

| | コメント (16)

2008年12月28日

年越しへの助走

Img_5167

不覚にも何年か振りに、風邪をひいてしまいました。午前中は、王子(息子)と2人きりで留守番をしていたのですが、昼ご飯を食べたあたりから、熱が徐々に上がりはじめ、午後はずっとベッドの上で、う~んう~んと唸っていました。

激動の2008年がもうすぐ、終わろうとしています。今年は、いろいろと忙しい年になりました。ネット上でトラベルトレーラーのスモールエッグに出会い、わが家に「たまごろう」(スモールエッグ)が来てから、もうすぐ3年になろうとしています。

家族での暮らしの大切さを意識し始めた頃と、このD´SOLEIL的な生活(たまごろうとの生活)のスタート時期が、私の中ではちょうど重なります。育児や仕事のストレスが、このたまごろうとの生活で、大きく充実したものに変わっていったように思います。

まずは、家族のみんなに感謝。そして、たまごろう…と、それを支える方々に、オートキャンプの仲間達に、まだお会いしてもいないのにちゃっかりと仲よくなっているネット友達やスモールエッグユーザーの皆様方に、感謝×感謝。おかげさまで、2008年もとても充実したものになりました。どうもありがとうございました。

わが家は、明日から里帰り。新春は1月3日からの営業を考えています。時節柄ご健康には一段とご留意のほどを。よいお年を…。

| | コメント (4)

2008年12月27日

娘とゲーム、王子とブロック

Img_5173 「12月」の「10」が、吹雪でどっかへ飛んでいってしまったようで、まるで「2月」のような暴風と豪雪の2日間(写真㊤)。玉五郎(庭に置いてあるスモールエッグ)が、見事に雪のコーティング。マジ?( ̄□ ̄;)

朝早くから夕方遅くまで、妻と交替で、除雪と排雪。たぶん、明日は筋肉痛ねッ…と妻、約1年ぶりの雪の重さにちょっと戸惑う四十郎。┗(-_-;)┛オ・・オモイ・・・

一瞬の晴れ間を見つけて、娘と2人でドライブ&ショッピング! クリスマスプレゼントでもらったテレビゲーム機用のソフトを、あちらこちらのお店屋さんで物色。家ではテレビを前に座って、親子でゲームパーティー!!フレフレo(^o^o)(o^o^)oフレフレ

Img_5190王子(息子)は朝から、LEGOトレインのブロック三昧(写真㊦)。誕生日にもらったものと、今回の本家サンタさんからのものと、そして、実家のお母さまからいただいたものを合わせると、結構なボリュームになりました。ヤッター!\^o^/\^o^/ヤッター!

冬はすっかりインドア志向…北海道に、とうとう本当の冬将軍が到着しました。フユホントニ,キタ――(゚∀゚)――(゚∀゚)――(゚∀゚)――(゚∀゚)――!!

| | コメント (0)

2008年12月21日

クリスマスへの助走

気がつけば、12月も下旬。公共交通機関での通勤を始めて、3週間。マイカー通勤の時は、BGMにかけるCDが楽しみだったのですが、バス&電車通勤になると、読書タイムが定期運行になり、本の世界に没頭するのがなかなか面白いです。本代がけっこう馬鹿にならないですが、来春までは続けていこうと思っています。

Img_5112 を、2階の納戸の奥から出してきて、早1か月。今年は、ちょっと高額なものをサンタさんへリクエストしたせいか、娘が飾りつけをずいぶんとがんばっています。窓にも、壁にも、サンタクロース歓迎みたいな横断幕(?)が貼られ、ツリーの横には、サンタさんへの粗品付きのお手紙が…(写真)。う~む、娘は完全に暴走している…┌(。Д。)┐

ただ床屋さんに行くだけなのに、ひさびさにTB-1(ニュービートルカブリオレ)のコックピットに座って、キーをかけ、アクセルを踏みこんで、エンジンが動く音を確認しました。なんかドキドキしてしまいました。やっぱり、この音が好きだぁ!!\(^O^)/

…いよいよ2008年も終盤。いろいろと忙しい時期に入ります。みなさま、交通安全など、十分お気をつけください。

| | コメント (11)

2008年11月30日

師走への助走

Img_5052_2 11月の最終日。午前中はサンタクロースの代わりに、近くのおもちゃ屋さんにプレゼントの仕入れ。このところ、週末といえば、ずっと雨や雪の天気が続いていました。午後からは、ひさびさの、TB-1(ニュービートルカブリオレ)ドライブALONE

オープンエアにするつもりで、いろいろと着こんでみたのですが、時々降り込む雪と、危険な道路沿いの水たまり、そして、ちょっと窓を開けただけで吹き込む風の冷たさに、四十郎はあっさり開放を断念

人気の全くなくなった雪のふるさんAC場の横を通り過ぎて、風邪をひかずに帰って来ました。お風呂が気持ちよかった~!

明日から12月。来春まで、地球にやさしい公共交通機関を利用して、会社に行こうと思います。早起きしなくちゃ!!┗(^_^)┛

| | コメント (8)

2008年11月24日

ヒッチメンバーとの死闘?

Photo

今年のシーズンインが7月でしたから、約5か月間のしっぽ付き生活ということになります。ようやく、わが家のTB-1(ニュービートルカブリオレ)も冬支度。タイヤ交換の前に、ヒッチメンバー(通称:しっぽ)を外すことにしました。

ところが、ヒッチメンバーの根元のところにある鍵穴にキーを差し込んで、ロックを解除したのに、ヒッチメンバーがうんともすんとも…動きません。このままじゃ、一生しっぽ付き…それもいいけど…ドウシヨウ ( ̄~ ̄) ウーム

たしか時計回りだとよな~これ以上回んないぞ…キー(o¬ェ¬)σ錆び付いたか?凍りついたか?ゞ(-ェ- )オイオイ…いろいろな心配が頭をよぎりつつ、これでダメだったら、お世話になっているキャンカー屋さんに電話しようと、一か八かの日曜大工グッズのモンキーレンチでひとひねり。

★ヒッチメンバー!はずれた★***\(^O^)/*** ★モンキーレンチ!大活躍★

取り外したヒッチメンバー(写真㊤)をよく見たら、ミクロサイズのほこりやら砂やらがたくさんついていました。たまには磨いてやらないと…きれいに乾拭きをして、ヒッチメンバーはビートルのトランクルームの下に収納。

Photo_2 …というわけで、4体の雪だるま達に見守られて、冬タイヤの装着(写真㊦)も終わり、ビートルの冬支度が無事終了しました。

ひさびさに、「TB-1改造のフォトグラフ」と「たまごろうのフォトグラフ」の写真(←)を更新しました。

| | コメント (4)

2008年11月23日

4 SNOWMEN +

Img_5011 3連休の中日だというのに、私は朝早くからPCに向かって、残務処理の嵐。週末から雪が断続的に降り積もり、雪かきに外へ出た娘が遊びで作った雪だるま4体が、なんとも可愛らしいのです。

Img_5008いろんなことがあったなぁ…楽しかったなぁ…おもしろかったなぁ…2008年のたまごろう(スモールエッグ)

昨日、ひさびさに実家からの電話で…娘と…王子(息子)と…帰省と…お歳暮の話をしました。趣味で出品し続けてきたとある書道展で、初めての賞をいただいた話もつけ加えてみました。好物の「しゃぶしゃぶ」で、家族がお祝いもしてくれました。記念に家族お揃いのジャンバーを買うことに…もちろんスポンサーは(@^_^)ゞ ワタシデス

すっかり冬空。もうすぐ師走。多忙な2008年もいよいよ終盤。

| | コメント (4)

2008年11月 9日

思い思いの冬

Img_4958いろいろと考えごとをしながら、お風呂に入っていたら、間違えて頭に2回もシャンプーをつけてしまいました。ようやく、週末の残務を終え、今年2発目の大仕事の目途が立ちました。今は、すっきりとした気分で、娘がくじで当てたビールグラス(3等賞)を片手に、電脳ライフをエンジョイしています。

王子(息子)は、誕生日にもらった機関車(LEGO)のスイッチの丸いボタンを、人差し指で押すことができるようになり、音を立てて走る機関車と客車を眺めて喜んでいます。娘(小2)は昨日、学習発表会での大役(といっても器楽合奏のバスマスター)を終え、朝から工作三昧。

昼は、娘とTB-1(ニュービートルカブリオレ)で、お気に入りのラーメン屋さんへ行きました。混雑する時間を外していったつもりでしたが、店の外まで並んでいる人の列を見て、家の近くの牛丼屋さんに目的地を変更。娘と2人でカウンターに並んで、しっぽりと牛丼を食べ、リサイクルショップで買い物をして帰りました。

妻は、ひさびさの懸賞生活。納豆やらポテトチップスやらで、りんごやら、みかんやら、じゃがいもやらを当てるらしいです。PCのプリンターが応募のハガキ印刷のためにフル稼働。投函は王子が担当。1週間に1通ずつ出して、長期間にわたって、当選の夢を膨らませるらしいです。

さて、庭野玉五郎(庭においてあるスモールエッグ)に、約1年ぶりの雪が積もりました(写真)。わが家のキャンプシーズンが終わり、これから北海道はどんどん寒くなります。娘は、サンタさんに何をお願いするつもりなのでしょう?王子が何をたのむかは、すでに決まっているようです。フォッフォッフォッフォッフォ・・(Y)o\o(Y)

| | コメント (6)

2008年11月 3日

あれから1年~たまごろう冬支度

朝から妻は、王子(息子)が生まれた時のことを克明に思い出そうとしている。今頃はまだ家のトイレにいた…娘とお母さまはお弁当をスーパーに買いに行っていた…ちょうど分娩台の上にいた…あれが陣痛だとは思わなかった…私が病室で待っていた。

近くの和菓子屋さんに頼んでおいた誕生祝いの「一升もち」を、1歳になったばかりの王子が、腹と背の2つに分けて背負った。この日、はじめて手を放して立つことができたばかりだというのに、約2㎏のおもちを両肩からぶら下げて、今度はテーブルによしかかるように、つかまり立ちをがんばっている

どうしてこんなことを…目に涙がたまっている…娘は立つことすらできなかった…健康に育ってほしい…ただ、それを念ずるばかり…王子を中心とした生活が、ちょうど今日で丸1年になった。この3日間、私は王子にぴったりとくっついて寝ている。妻曰く「とても幸せそうな顔をして寝ている。」もちろん、私。Zzz… | (*^^)^-^*) |

今日ようやく、たまごろうの冬支度(スモールエッグ:バッテリー外し・荷物の整理・掃除などなど)が終わりました。家族4人で近くの温泉に行ってきました。明日はぐっと、気温が下がるようです。はやかったなぁ、この1年。北海道はいよいよシーズンオフです。ひさびさに、「たまごろうのフォトグラフ」の写真をUPしてみました(←)。

| | コメント (6)

2008年10月26日

遊園地と娘、その後…

Img_4759 今日で、今シーズンの営業を終える北海道グリーンランド。前回使い切れなかった10回分の回数券と、娘との約束を果たすために、家族4人で閉園時刻(写真上)まで遊んで来ました。(拙ブログ記事2008年9月16日号参照)

フリーパスを購入した女の子チーム(妻&娘)は、くもり時々雨の悪天候にもめげずに、待ち時間なしで乗り物に乗りまくり。回数券をポケットに入れたままの男の子チーム(私&王子)は、写真撮影と荷物番。

Img_4630 今回のお気に入りは、フロッグホッパー(写真中)…娘は今回も座ったままの状態でリピートのかえる女王。遠くからは聞き覚えのある、なんとも不思議な悲鳴…3回転コースターに乗る妻。ヒェエェェ…ヽ(@o@)/←ツマ

個人的には、バズーカ砲が面白かった(写真下)。弾になる軟式野球ボールを砲身に詰め、すっかり悪者扱いの怪獣やミイラを目がけて発射!係のおばさんの特別なはからいで、約100発の乱れ撃ち。( ・_<)┏━  ボフッボフッボフッ…     ~⊃~⊃~⊃

Img_4686 来年の春まで、長い長~い冬眠生活に入る北海道の遊園地。一番にエンジョイしたのは、もうすぐ誕生日の妻(←すっかり乗り物酔い)かな???娘も十分満足の様子。抱っこ&ベビーカーで、すっかり疲れてしまったわが家の王子は、帰りの車で爆睡。ε( ̄。 ̄ε Zzz…

私は、朝煎りのコーヒー(タンザニアAA・モンデューロ)が入った水筒とカメラを、首からぶら下げながら、仕事のことを忘れて、まったり過ごしました。しっかりと防寒着でいけたのがよかったね。来年は、私もフリーパスを買おう! ( ̄◇ ̄)b

| | コメント (4)

2008年10月19日

トラジャ DE とらや ~近づく冬の足音~

Img_4585

ひさびさの自宅で、休日らしい休日。コロンビア・カフェティスケスーサ、スプレモ・アンジェリカ(新豆)…朝からコーヒー豆を焼きまくっています。ゲホゲホ…ケムリガ(*_*)メニシム

本日3杯目のトラジャ・カロシと、昨夜実家の母がお土産で持ってきたとらや謹製のミニ羊羹で、美味しい3時のおやつタイム。コーヒーの苦味が、甘さをおさえた濃厚な羊羹の味によくA&U( ̄ー+ ̄)キラーン!※A&U→あう

もうすぐ秋が本当に終わる。いつもお世話になっているキャンピングレンタサービス㈱さんから、お葉書をいただきました。拝啓 初冬の候…冬支度はお済みですか?給水タンク・ボイラーの水抜き、バッテリー、ヒーター…お急ぎください。毎年のことですが、いつもご丁寧にありがとうございます。感謝×感謝

今日のところは、玉五郎(庭においてあるスモールエッグ)の中で、この前のふるさんAC泊で、不覚にもめりめりと剥がしてしまったシンク上の棚の補修を終え、ラッセルバンデのこぶたくんのコマと羊羹の空き箱を並べて、写真を撮るだけにしました。来週こそは、冬支度をやろうかな?(^_^)y-゚゚゚゚゚←たぶん、やらないの意味

| | コメント (10)

2008年10月18日

そして、秋の夜は長く…ふるさんAC2008秋

Img_4470直接会って、初めてわかることがたくさんあって、会って本当によかったなぁと思うことが、この何年間かでとても多くなりました。今年、この古山貯水池自然公園オートキャンプ場(通称:ふるさんAC)で、お会いした方々との思い出を1つ1つ振り返る時、この出会いが、言葉では言い表せないなんとも貴重な宝もののように感じます。

niuta氏~モリ@北見さん~ノアールさん~SHOWSEI氏、来年はいつ頃、どこでお会いできるでしょうか?来年はたまごろう(スモールエッグ)の出撃範囲を広げ、さらにいろいろなことにチャレンジしていこうと思っています。ワクワクo(^o^o)o(^o^o)(o^o^)o(o^o^)o ワクワク

Img_4461 今回のふるさんACは、2晩ともSHOWSEI氏の巨大タープ「ランドステーション」に、家族丸ごとでお邪魔しました。武井の灯油ストーブやランタンなど…素敵な愛用品たちに囲まれて、焚火に当たりながら、夜遅くまで楽しい時間を過ごしました。

蓬堂サイコロマジックショー:ラッセルバンデ(こぶたくんのかけっこ)というすごろくゲームは、結局2夜とも私が勝ってしまいました。昨年度は、干しいもが、珈琲焼酎と絶妙なコンビネーションでヒットでしたが、今回は、京都の生八つ橋&熊本名物いきなりだんごが、いきなり満塁ホームラン級の美味しさでした。

2日目の夜の星空は、月明かりに照らされたロマンチックなものになりました。偶然、キラリと光る流れ星も見つけました。にぎやかな秋の星たちに見守られ、秋の夜長のふるさんで、素晴らしい出会いに乾杯しました。(* ~_~)/□☆□\(~_~* )

「ふるさんの森 DE 野鳥を探そうクイズ」の答えは、写真2枚とも、ど真ん中の「アカゲラ」と「カケス」で~す。 ♪~~Σ^)/

| | コメント (6)

2008年10月15日

スローな森~ふるさんAC2008秋

Img_4313 今回のキャンプでも、いわゆるすっとこどっこいな忘れ物を多くしてしまいました。2日目の昼過ぎには、いつものように、たまごろう(スモールエッグ)をキャンプ場に残し、TB-1(ヘッド車のニュービートルカブリオレ)だけで買い物へ

調味料(みりんなど)に、トングに、火バサミ、そして、うちわ…行った先のスーパーとホームセンターで店員さんに、季節外れのうちわがないかを聞く始末…結局は、新聞紙と紙皿を使って火を熾すことはできたのですが、うちわが家にあれだけあるのに、どうしてたまごろうの中には1つもないのかは、わが家の7不思議の1つです。

さて、SHOWSEI氏によると、ここふるさんACの森や土は、大昔からのものだそうで、ここにくると、北海道の長~い歴史とともに、人間たちもゆっくりとした時間を過ごすことができるようです。人間も、動物も、そして鳥たちも、きっとこの土地で何代にもわたって生命を豊かに育んでいくのでしょう。

Img_4488Img_4441サイトのあちらこちらからは、パチパチと焚火の音、子供たちの元気な声、鳥のさえずり、風で枝が揺れる音、かさかさと誰かが落ち葉を踏む音…

…ということで、いささか唐突な感じもしますが、ふるさんの森 DE 野鳥を探そうクイズです。さて、下の2枚の写真には、それぞれ可愛らしい鳥がエサを探しています。さて、わかるかな??答えは次号で(@^_^)ゞ ポリポリ…

 

| | コメント (8)

2008年10月13日

大空浪漫~ふるさんAC2008秋

晩秋の候 北海道焚火酒倶楽部のSHOWSEI氏といっしょに、ふるさんオートキャンプ場に2泊3日。天気予報通り、1日目は、雨がふるさん状態で、外遊びには、イマイチのコンデションでした。

Img_4366 1年ぶりの再会に胸をときめかせる娘と、同い年の男の子(SHOWSEI氏のご長男)で、ふるさんの自然を楽しもうと、以前から購入していた7連凧を大空に浮かべて(写真上)、2日目は午前中から思いっきり遊びました。

Img_4382 管理棟の横の駐車場に隣接して広がる草原は、もともとパークゴルフ場用に作られた広場だそうで、平坦で障害物も少なく、360度視界が開ける凧あげには理想的な空間です。(写真中)

一定方向に風がビュンビュン吹くので、なんと、スペアにもっていたタコ糸を2巻分もつなげて、写真下のサイズになるまで、3人で協力して凧をあげました。手の皮がガサガサになるほど、タコ糸を巻き取るのに苦労はしましたが、ふるさんの風と格闘した小1時間は、実に思い出深いものになりました。

Img_4403この7連凧は、まるで蛇のようにくねくねと泳いでいくので、不思議と風を操っているような気がします。王子(息子11か月)と2人で、凧あげの様子の一部始終を眺めていた妻が、今度はスポーツカイトにチャレンジしたいと、声をはずませていました。

ちなみに、ヤマ○゛電機でお安く購入したラジコン飛行機チャレンジャー号は、よせばいいのに強風の中、無謀なフライトを強要され、主翼はとれるわ、プロペラはなくなるわの散々な状態で、ビートルのトランクルームに静かに格納されることになりました。良い子のみなさんは、説明書に書いてあることはちゃんと守りましょうネ!! ( ̄◇ ̄)b

| | コメント (11)

2008年10月 5日

秋の夜は長く…④

Img_4215_2電源のないサイトでは、今ひとつ明かりに不自由をしていたので、思い切って光量のあるランタンを購入することにしました。単1電池を8本も使って13Wという電池式ランタンと、今回購入した240W相当のガス式ランタン「ピナクル」の違いはこの通り(写真)。

問題は重さと気温。電池式のクラシックヘリテイジランタンは、電池を入れても1.8㎏。ところが、このピナクルはガスボンベを取り付けると、なんと3.0㎏にもなります。果たして、わが家の軟弱ランタンスタンドがこの重さに耐えられるでしょうか。

そして、深夜は0℃近くにまで下がるふるさんの外気の中でも、ガスがちゃんと気化してくれるかが心配です。いざとなったら、たまごろう(スモールエッグ)に避難すればいいのですが、安定した光度のもとで、しっぽりと一家団欒を楽しみたいところ。

これで、夜のゲームも安心ね…と妻。前回の「チケットトゥライド<欧州の旅>」で、優勝を喜び過ぎて、娘にすっかり嫌がれてしまった父は、なんとか再戦にこぎつけようと、今は地味に娘の機嫌をうかがっています。

Coleman(コールマン) 2600ピナクルLPガスランタン 2000001130 Coleman(コールマン) 2600ピナクルLPガスランタン 2000001130

発売日:2008/03/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4)

2008年10月 4日

秋の夜は長く…③

Img_41854種類の珈琲焼酎が完成し、只今PCのモニターを眺めながら試飲中。写真左からブラジルはあっさりタイプ、トラジャは苦味と甘味が絶妙のバランス、モカは定番のコクに甘味プラス、そして今回はタンザニアがシャープな後味で、味も香りも秀逸の仕上がり…となりました。 (^o^)_U ウィップ… 

どれも、同じ焼酎がベースでできたとは思えないほど、4種類のコーヒー豆のおかげで、それぞれが個性的な美味しさです。このお酒、甘めのお菓子にも結構合うのが嬉しいところ。今日は、なぜかカールのたこ焼き味をおつまみにして飲んでいますが、ロックで飲むと、ひんやりとした飲み心地で、クッキーやケーキなんかと、思いっきりぴったりと合ってしまいます。かなり危険度が上がります。 (+o+)_U ウェップ…

今日の午前中は、父親参観日で、娘の小学校へ行ってきました。はじめての九九の勉強でした。( -_-) ・・・・・・・・・( ^_^)ノ カケザンガンバレー。そして、昼からは好例行事のPTAもちつきIN体育館。昨年は一応、つき手のお手伝いをしましたが、今年は食べる専門で、娘と2人でお雑煮をいただいて帰ってきました。つきたてのお餅が、やわらかくて美味しかったぁ。(^o^)(^o^)ホッペガオチル!!

というわけで、暴飲暴食で危険な秋…体重&血中脂質が大幅増量の予感。来週3連休は、家族4人で、今年最後のふるさんACに行ってきます。う~ん、きのこ鍋?それとも、運動…かな?秋にやせるなんて無理でしょう。

| | コメント (2)

2008年9月28日

秋の夜は長く…②

Img_4111 北海道は涼しいを通り越して、一気に寒くなってきました。よく行くリサイクルショップでは、冬物がこの日一斉に店頭に並ぶそうで、昨日は朝早くから、家族であちらこちらにショッピング。ストーブガードやら…ジャンパーやら…スキーウェアやらを一気に買い、王子中心の冬対策に取りかかっています。妻の誕生日プレゼントも、ちゃっかり購入。なんとか今年の冬も越せそうです。

そして、いよいよ今年の最後のオートキャンプに向けて、本格的な準備に入りました。10月11~13日は、いつものふるさんACです。たまごろう(スモールエッグ)のストープの点検も、ボフッとすませました。最近、電池式のランタンではなんとなく心もとなくなっていたので、ガス式のランタンを思い切って買おうと思います。

Img_4088また、いつもの焼酎「大自然」各2ℓに、コーヒー豆100g(生豆時)を漬け込みました。アビシニアン・モカ9センチュリー、トラジャ・ママサ、タンザニアAAモンデューロ、ブラジル・イエローブルボン陰干しの豪華4種類です。漬込用プラスティック樽(ただの焼酎あき容器)に入れて、時折ふたを開けては香りと、日に当てては発色の具合を楽しんでいます。

ふるさんの秋空を眺めながら、贅沢にも4種類の珈琲焼酎を飲み比べしようという魂胆です。みんなできき酒しませんか?フォッフォッフォッフォッフォ・・(Y)o\o(Y)

| | コメント (6)

2008年9月27日

秋の夜は長く…①

日中の最高気温が、20℃を越えるか超えないかの1週間が過ぎていきました。北海道はすっかりと、秋の気配に包まれています。

Img_4025 昨日携帯メールで、あのタマゴ使い@岐阜氏から、本州に無事到着の連絡がありました。9月10日の午前0時に岐阜を発ち、今年で3年目の北海道を、なんとスーパーカブ&テントで約2週間過ごしたことになります(写真:岐阜からの道のり)

突然の岩見沢、まさかのキャンフェス合流(乱入)、途中で道北と北見を回り、再び…わが家では、娘&王子(もうすぐ11か月)とも、工作、ゲーム、ボール遊び…と、ずいぶん遊んでもらいました。

わが家の地下貯蔵庫で偶然発見した、2006年9月製作の珈琲焼酎モカハラーを出し、2年前と同じお酒で2年ぶりの乾杯をしたりもしました。シカオイノ(^ー^)─∀☆∀─(^ー^)ヨルガナツカシイ…くわしくは拙ブログ記事2006年10月1日,拙書SPLM38~39頁をご参照ください 

来年の夏は、いよいよわが家のたまごろう(スモールエッグ)の番ということになります。8月8日の四尾連湖に向けて、只今地道に本州仕様に改造を進めています。来年は、富士山をバックに珈琲焼酎で乾杯しましょう。

| | コメント (2)

2008年9月21日

実りの秋2008~本州上陸計画②

Img_3980昼にひさびさのガーデンBBQ―秋刀魚(サンマ)をスーパーで仕入れ、炭火焼DEうまうま。夏と違って、コンロが絶妙の暖房機能を果たし、長い時間を庭でまったり過ごしました。

仕事の方も、第1ラウンドがなんとか終了。第2ラウンド(10月中旬)に向けて、本日午後は鋭気を養うことにしました。┗(^_^)┛

そして、以前から気になっていた、スモールエッグの快適空間化にいよいよ着手。来年の夏の本州上陸に向けて、収納力をUPし、居住空間を拡張しようと、庭野玉五郎(庭においてあるスモールエッグ)の収納スペースを大改造

Img_3986

Img_4003先人達の改造をお手本にして、まずはクローゼットにネット製の棚を3段つけました。衣服はハンガーに吊るすより、たたんでしまう方が場所をとらないようで、見た目にもすっきりといい感じです。重いものとかは下のかごの中にしまうことになります。夏なら家族4人、5日分位の衣類はなんとかなるでしょう。(写真左:一応ハンガーも使えるようです)

また、スモールエッグは球面が多い関係で、デッドスペースの活用が収納力UPのポイントになります。同じくネットをシンクの下や後ろの棚にひっかけて、軽めのもの(写真右:ピグレット)を収納できるようにしました。

Img_3972 まさに、”大改造!劇的○フォーアフター”とまではいきませんでしたが、いつもの100円ショップをフル活用し、安価で匠(たくみ)気分を味わっています。(-。-)y-~~~~ サンマがやけに美味しかったなぁ(写真下)…今度はタープを作ろうかな…今年はゴーヤが豊作でした(写真上)。満足×満足。

| | コメント (6)

2008年9月16日

遊園地と娘~キャンピングフェスティバル2008

今年度初めて、2008年キャンピングフェスティバル実行委員会主催、㈱キャンピングレンタサービス工業後援、北海道グリーンランド協力という形で、キャンフェスが開催されました。「キャンパー同士の親睦とマナーの向上」を合言葉に、参加はキャンカー110台分の360余名ですから、昨年度ほどではないにしろ、1台5,000円ポッキリという、爆安参加費(ただし乗り物券は別料金※フリーパスで通常料金の300円引き)は、レジャー費高騰の昨今ではシンジラレナ~イ奇跡です。

内容も…宝探しはあるわ…夕食では、ビールもジュースもジンギスカンも野菜(モヤシ)も、徹底的に食べ放題だわ…子供餅つきはあるわ…抽選会では、各家族に豪華景品がもれなく当たるわ…で、まさにキャンカーユーザーのためのミラクルフェスティバルでした。閉会式では、社長さんの「来年もこの会社があったら、また会いましょう」的な言葉があり、思わず「無理しないでぇ~」と叫びたくなったのは、私だけではないはずです。

Img_3810 さて、今回は、遊園地とキャンカーのコラボレーションという、普段とは違ったシチュエーションで、わが家もオートキャンプを楽しんだわけです。小2の娘は、閉園ギリギリまで園内を走り回り、乗車可能なアトラクションを待ち時間なしで、次から次へとスーパーリピートしていました。すっかりお気に入りのキャラ探し付きトロッココースターでは、妻が呆れて呼びにいくまで、先頭車両にずーっと座っていました。最近、レジャーと言ったら、もっぱらオートキャンプか温泉かのどちらかだったので、また来ようねと、娘を納得させるまでにはずいぶんと時間がかかりました。

Img_3862_2 また、深夜は眠くなるまで、チケットトゥライドで欧州の旅。今回は、スペシャルゲストということで、岐阜からの旅人、柿おじさん(現在:タマゴ@岐阜氏)に無理やりルールを教え込み、娘と私の3人でプレイしました。

結果は、娘が最長のヨーロッパ・エクスプレスのボーナスポイントまで獲得し、総合104点で単独優勝を果たしました。私は、柿氏とのマドリード・バルセロナ間の鉄道利権争いに負け、今回も優勝ラインから大きく後退。まさに連敗鉄道を爆進しています。O(T◇TO)=3=3=3サキガ マッタク ミエマシェン

なお、ひそかに目論んでいたたまごろう(スモールエッグ)&観覧車…の夢の童心コラボレーションは、物理的にも、施設管理的にも、不可能でした。ひそかに期待していたたまごろうファンの皆様に、謹んでお詫びいたします。なお、「それいゆさんの宇宙旅行」の写真をUPしましたので、もしよろしければご笑覧ください。

| | コメント (4)

2008年9月15日

2度あることは3度…カブ?

Img_3930 13日の午前10時過ぎ、フェスティバルの特設会場に、TB-1+たまごろう(ビートル&スモールエッグ)で到着した途端に、携帯に着信。タイミングが良過ぎると思い℡に出ると、なんとniuta氏。

ん?!「とにかく、本部テントを見て~!焼き鳥コーナーのところ!!」 …で、素直に見ると、そこには手をふる大男の姿が…。近づくと、実行委員会のジュン熊氏(別名:クルージンクーラーを操る中国雑技団の熊さん)であることが判明。(℡のniuta氏の姿はなし…自宅待機中

なんか、事態がよく飲み込めないまま、今度は携帯にメール着信。あれ!柿おじさん??「おはよ~もう遊園地かい?」って…。すぐ次の携帯メールでは、わざわざわが家の前で記念撮影のご様子…添付写真┌(。Д。)┐意味不明♪…そして、「すぐに追いつきます」って…はっ?!

…というわけで、次の日の記念写真(上)となりました。今回は2日間で、岐阜からの千数百キロを、なんとカブ(原付バイク)で激走の柿おじさん(別名:タマゴ@岐阜※コルベットも@岐阜で留守番中)只今3度目の北海道密航(というか討ち入り)は、テントをかごに入れてのツーリングだそうです…。今頃は北を目指して爆走中かな?あいかわらずタフですね。道中気をつけて…(^.^)/~~~ 

そして今回の仕掛人は、ボランティアでキャンピングフェスティバルの実行委員会を務める、ジュン熊さんでした。いろいろとイベントを楽しくコーディネイトしていただき、ありがとうございました。なんか、不思議な夢をみている心地でした。今回のキャンフェスも、かなり面白かったです。一番喜んでいたのは、娘かな?次号に続く。

| | コメント (2)

2008年9月14日

祝受賞!コーヒー焼酎3種類

Img_3846 北海道グリーンランド(岩見沢市)で開催された、2008キャンピングフェスティバル。毎年その懇親会で行われる一品料理コンテストで、なんとわが家の自信作「珈琲焼酎」が、念願の賞をいただきました。(拙ブログ記事2006年9月14日,拙書SPLM34~35頁参照)

一品料理コンテストというのは、アメリカのキャンプ大会などでよく行われる企画なんだそうです。各家庭から持ち寄られた、自慢の手作りおかずやデザート、お菓子達…結構力が入った美味香彩の中から、今回は3作品がめでたく受賞しました。

出来上がりには結構満足していたので…もしかしたら…と思っていたのですが、なんと、うちのコーヒー焼酎「SOLEIL」が選ばれるとは…。マンモスウレ (ノ・_・)‥‥…━━━━━☆ ピー!! ←かなり古い

今回は、贅沢に3種類のコーヒー豆で飲み比べをしてもらおうと、昨年こしらえていたマタリ・クラシックと、先月できたばかりのトラジャ・カロシモカ・バニーマタルを持っていきました。人目を引けるようにと、わざわざ甕(かめ)型の焼酎サーバーに入れ、親切に紙コップもそえてみました。フォッフォッフォ・・(Y)o\o(Y)

妻が作った、わが家定番のきゅうりのからし漬け黒胡椒とクリームチーズ入りのパンで、世の奥様方に巧みにアピールしつつ…フォッフォッフォッフォッフォッフォッフォ・・(Y)o\o(Y) 持っていった約5ℓは、2時間ほどでほとんどがなくなっていきました。

Img_3875 というわけで、これが1番の思い出と言いたいところなのですが…またしても、シンジラレナ~イことが起きました。まずは写真(←)を…まさに、ドッキリカメラの世界です。!WAOΣ( ̄□ ̄;

| | コメント (6)

2008年9月 2日

TRAIN~チケット トゥ ライド 欧州の旅

毎年この時期は、ヒィーというより、キィーに近い悲鳴を上げながら仕事をすることになっています。

Img_3653当然、仕事効率を上げるための、質の高い現実逃避のアイテムが必要となるわけで…今回は、なんとこの「チケット トゥ ライド ヨーロッパ」というボードゲームを購入しました。里帰りの際に、バルタン星人(実弟①)がお土産で買ってきたあるボードゲームがきっかけで、すっかりと、私のボードゲーム熱が再加熱してしまったようです。

日本ではB社で発売されている、「チケット トゥ ライド」。アメリカ大陸を舞台に鉄道を敷設し、線路をつなげて旅を楽しむというコンセプトが、ことのほか楽しかったので、特にヨーロッパ好きな私は、ネット上で同ゲームのヨーロッパ版を探していました。

残り2個…というところを、なんとか滑り込みで購入\^o^/ ヤッター!

対象年齢は8歳以上。娘ギリギリセーフ!ドイツ製のボードゲームで、ゲーム盤は完全な英語表記。もちろん、娘にもヨーロッパの主要都市の名前くらいは覚えてほしいので、世界地図をたよりに、日本語表記の都市名をシールで作り、ゲーム盤に貼りました。あいかわらずの改造ぶりです。フォッフォッフォッフォッフォ・・(Y)o\o(Y)

付属の日本語訳ルールブックが、とてもわかりやすいので、早速2日間で4プレイもやってしまいました。なぜか、ヨーロッパに行ったことのない娘が2勝できるほど、シンプルでいて、奥が深~いゲームです。ガ━━━(;゜Д゜)━━━ン←父弱

Img_3664 予想外に箱が大きくて、スモールエッグの後ろの棚に入らないというハプニングもありましたが、いよいよ、9月は夜長月(よながつき)。庭野玉五郎(庭に置いてあるスモールエッグ)に籠もって一人夜遅くまで、PCに向かってキーボードを軽快にたたくことも、そのままふてくされて眠ることもあります。せめて日中は、家族で欧州旅行をスモールエッグの中で楽しみたいと思いました。

| | コメント (4)

2008年9月 1日

TRAIN~ミステリー・LEGO・すし・そして…

娘が地域の子ども会行事の「ミステリー列車」の旅から、無事に戻ってきました。お弁当を持って、友達とぶどう狩り&宇宙科学館見学。帰りには、しっかりと「乗車証明書」なる記念切符をもらい、ずいぶんと満足のようです。

私は、妻と王子(息子10か月)と3人で、千歳のアウトレットモールへ。以前から、王子の誕生日プレゼントにと、目をつけていたクリックブリック限定の「トレインスタートセット」(LEGO duplo)を購入。

誕生日はまだ2か月以上も先なのに…さらに2か月先のクリスマスプレゼント用の別のレゴまで、ちゃっかり購入してしまいました。これは一体誰のための買い物?…と、妻に白い目でみられる程、今からお正月が楽しみでしかたがありません。そんな妻も、ひさびさの回転寿司(すしトレイン)と、キャンプ用のジャケット&パンツに大満足の様子。

Img_3649 そして、とうとう、たまごろう(スモールエッグ)の新たなアイテムとして、ネットで注文していたものが届きました。キタ━━━━━━(゚∀゚)キタ(。A。)キタ(゚∀゚)キタ(。A。)キタ━━━━━!!ソシテσ( ^ー゜)σゲッツ!!本当は、スモールエッグの純正タープがほしかったのですが、七萬八阡円+送料+税という高~いハードルを越えることができずに、あっさり断念しました。

さて、これは一体なんでしょう!【ヒント】やはりです。フォッフォッフォッフォッフォ・・(Y)o\o(Y)

| | コメント (0)

2008年8月30日

カロシとマタル~珈琲焼酎研究所⑦

Img_3644_2 ひさびさに仕事のしすぎとお酒の飲みすぎで、PCのモニターを見つめる目がしょぼしょぼしています。午前中はどうにもこうにも仕事がしたくなかったので、いつもの現実逃避風に、コーヒーを入れたり、珈琲焼酎を眺めたりして、休日の時間を過ごしていました。というわけで、ようやく完成しました。ウマ┗(^_^)┛ウマ

9月13~14日のキャンピングフェスティバルin北海道グリーンランドの一品料理コンテストに出品する、です(写真:上)。※レゴブロック(デュプロ)のトレーラーではありません。

Img_3594 今回は、お気に入りのインドネシア産トラジャ・カロシと、最近すっかり手に入りづらくなったイエメン産モカ・バニーマタルで、作ってみました。(写真:下)発色がいいのは、やはりモカ。後味が濃厚でしっかりと苦味が効いています。トラジャの方は後味すっきりの辛口に仕上がりました。苦味の後に軽く甘さが薫ります。

また今回は、気になる舌触り(紙臭さ)を取り除こうと、ペーパードリッパーでのろ過をやめて、丁寧に金属製のざるだけでろ過を試みました。味は変化はあるでしょうか?さらにトラジャ・カロシとモカ・バニーマタルとの味対決、どちらに軍配が上がるでしょうか?ちなみに、前回はモカの勝ち。(拙ブログ記事2006年9月24日,拙書SPLM36~37頁) 

う~む。夕食に軽く飲んでしまった発泡酒と合わせると、今日は結構な酒量になってしまいました。そろそろ、味が??わからなくなってきました。ウマイケド┗(-_-;)┛ネムイ

明日は、娘がミステリー列車に乗って朝早くから外出。王子(もうすぐ1歳)を連れて、誕生日のプレゼントを買いにアウトレットモールにいこうと考えています。あっ!( ̄□ ̄;)!!そういえば妻の誕生日も…やばッ、なんかふらふらしてきました。そろそろ、限界点です。O・YA・SU・MIなさい。

| | コメント (2)

2008年8月24日

スモールエッグ 21℃プラス

Img_3607 日曜の朝7時位に一度目が覚めたのですが、再び眠りに入りました。日頃の仕事・遊び・育児疲れか…過ごしやすくなった季候からか、気持ちよ~く、昼過ぎまで眠ってしまいました。スモールエッグは21℃。わが家の庭も、すっかりと秋の気配を漂わせています。

先日、お世話になっているキャンカー屋さんに、今年のイベントの申し込みに行ってきました。先着100台というちょっと狭き門を通り抜け、9月13日(土)~14日(日)は、今年から北海道グリーンランド(旧三井グリーンランド)で行われることになった、2008キャンピングフェスティバル(http://www5.ocn.ne.jp/~yadokari/ibent.HTM)に、わが家のたまごろう(スモールエッグ)が参加します。

今回のキャンフェスは、いつものキャンプ場ではなく、なんと遊園地内の特設会場。サーカス小屋でビンゴ大会をやったり、休憩テントで交流会をやったりするそうです。駐車スペースは、基本的にはピクニック広場&スキー場駐車場なのですが、遊園地の閉園後は、キャンカーを自由に移動させていいそうです

つまり、ジェットコースターや大観覧車の真ん前で、駐泊することが可能(?_?)なんかピンと来ないのですが、メリーゴーランドの前で、たまごろうと記念写真が撮れるちゃう(?_?)(?_?)…このことにどれだけの価値を見い出すかは、やってみないとわからないですが、どういうわけか童心を思いっきりくすぐられています。オバケ屋敷の前にたまごろうで泊まっちゃったよぉなんて、なんか自慢できそう…なんか家族サービスにもなりそうだし…(@^_^)ゞ

というわけで、今年も一品料理コンテストに珈琲も出品します(写真)。今年こそは、表彰台に上るぞぉ!e(^。^)9ヤッタルデェ!!くわしくは拙ブログ記事2006年9月14日,拙書SPLM34~37頁をご参照ください 

| | コメント (4)

2008年8月19日

白熱!第3回ウルトラマンモノポリー大会

Img_3478 毎年恒例の夏合宿(別名:一族郎党キャンプ)が、昨年に続き、はこだてAC場で開催。

今回も一番盛り上がったのは…やっぱり

ウ・ル・ト・ラ・マ・ン・ノポo(%)○デゥワァ!!←相変わらず極めて主観的に

今回の対戦は、ザ・ウルトラマン、アグル、メビウス、セブン、バルタン星人の5メンズ(?)。深夜に行われたこの集い(写真:上)、ウルトラマン・アグル(いとこ)が、飲み過ぎて10時過ぎにまず脱落。

Img_3477_2セブン(蓬堂)は、基地を12塔も建設したものの、売り上げがさっぱり上がらず、見事な元本割れで、沈没寸前。地道にウルトラホークやポインターなどの乗り物系を買い集めたメビウス(いとこの旦那)と、タイミングよく基地を建てまくったバルタン(実弟①)の一騎打ち。

最終的に、ザ・ウルトラマン(実弟②)がバルキー星のバルキー星人(バルタン支配下)に捕まったところで、時間切れゲームオーバー(写真:中)。優勝はバルタン…フォッフォッフォッフォッフォ・・(Y)^\^(Y) 今回もセブンで挑戦した蓬堂は、なんとか破産をまぬがれて3位を堅守。ダイズをふる時の「セブン…セブン!セブン!セブン!!」のかけ声は、今回も寂しくキャンプ場の夜空に消えていきました。

さて、今回のどうなん編ですが、太平洋の恵山経由で、しっかりと海水浴&温泉も楽しんできました。全国でも珍しい、火山活動と潮の満ち干で湯加減が決まる、ワイルドな渚の温泉「水無(みずなし)海浜温泉」に入ったり、レンタルコートでテニスをしたりと、しっかりとヘルシーな部分も充実させることができました。

Img_3492 ちなみに、パークゴルフ大会では、私蓬堂が1コースを33打という奇跡のスコアで回ることができ、主催者のくせに優勝杯を手にしました(写真:下)。なお、この他にも写真を何枚かUPしましたので、夏合宿のくわしい様子等は、「D´SOLEIL的生活~どうなん編」と「ソレフォト3」の方をご覧ください(←)。

| | コメント (4)

2008年8月 8日

トゥースモールエッグズ アンド トゥービートルズ プリーズ in YUNI

Img_3181ビートルはビートルに恋をする。かつて、スモールエッグにHITOME-BOREだったように、この新しい出会いに強いときめきを感じたのは、私だけではないようです。

同じニュービートルカブリオレでスモールエッグを引っぱっているノアールさんと、ふるさんAC場(由仁町)でお会いしました。なんと昨年夏以来の念願成就を果たし、その勢いでタマゴ使い@岐阜氏にも電話で報告してしまいました。(拙ブログ記事2007年8月16日のコメント)

Img_3145 夕刻、2つのキャンピングカーサイトを借り切って、たまご・ビートル・たまご・ビートルのレイアウトで祝宴。オーナーのノアールさんご夫妻とも、すっかり仲よくなりました。見たことも聞いたこともないようなカンガルー似の小型犬に、大型猫2匹、どういうわけかキリギリスたくさん、食用シャコ…まさに、スモールエッグの中は生きものパラダイス状態。 (カモのだぁちゃんは本日非番)

一番喜んでいたのはやっぱり娘かな?ノアールさんの愛犬リッキーを連れて、夕方も夜も朝も散歩・さんぽ・SANPO…。私的には、活シャコが入ったブイヤベースが秀逸でした(朝のリゾット風もウマウマ)。2日目、いっしょにユンニの湯までドライブして、温泉の脱衣場でお別れしました。O(^◇^O)=3=3 O(^◇^O)=3=3

Img_3158 色はハーベストムーンベージュとオレンジ、リフレッシュシルバーとイエローの組み合わせ。異色同形のこのコンビ、MA・SA・NI・おしゃれだぁ!!…(ToT)…楽しさ以上に、不思議なことがたくさん起きそうなパワーを今も感じています。

| | コメント (10)

2008年8月 5日

たまごろう本州上陸計画①

Cimg0087無事自宅に戻って来ました。行き先は東京で、仕事で行ったはずですが、結局、山梨県の四尾連湖(しびれこ)まで足を伸ばして、来年の宿泊の予約をしてくるという、わけのわからな~いプライベートで濃厚な5泊6日の旅になりました。(@^_^)ゞ テヘテヘ

毎年8月7日はHA・NA・BIの日で、市川三郷町では好例の花火大会なんだそうです。旧友らといろいろと話しているうちに、すっかりと懐かしモードになり、来年もここに来ることにしました。平成21年8月8日(諸事情で7日に変更)に水明荘という、伝説の山上湖「四尾連湖」の湖畔の山荘deサミット?!(ただの宿泊)します。詳しくはこちらで→http://www17.plala.or.jp/suimeisoushibire/index.html

…それも、4人う(スグ)で!!( ̄ー+ ̄)(妻:快諾済)

Cimg0065Cimg0061ここは、ロッジやバンガロー、キャンプサイトなんかもあるのですが、なんと地味に2階和室を予約しました。フェリーで本州上陸→富士山周辺うろちょろ→フェリーで再び北海道…て感じで、最終日(平成21年8月8日に1泊※7日に変更をここで過ごそうと思います。懐かしのボート遊びをして、湖面を眺めながら、ボーっと旅を振り返えられればいいなぁと考えています。 最後は畳でZzz ( ̄~ ̄) ムニャムニャ寝たいです。

それ以外はまだ、何も決まっていません。何か楽しいアイデアがありましたら、ご連絡ください。ちなみに、今回の旅行ですが、「それいゆさんの一人旅~かまくら・よこはま編~」というコーナー(←)でまとめてみましたので、もしよろしければご覧ください。

| | コメント (6)

2008年7月30日

スモールエッグ DE 海三昧2008

2年ぶりの海キャンプin三石海浜公園オートキャンプ場。前回(拙ブログ記事2006年8月6日,拙書SPLM26~27頁)の反省を生かし、道の駅での前泊を含めての、3泊4日の贅沢な旅になりました。

Img_2942_2サイトも海側で、ナイスロケーション。たまごろう(スモールエッグ)の正面の窓を海&空に向けようと、わざわざ到着早々に、手押しの力技で反転180度。( ^_)( ^)(  )(^ )(_^ )←コンナカンジ

Img_2893妻と娘と王子(息子8か月)は、浜辺でHAPPY海水浴。王子はまだまだ赤ちゃんのくせに、すっかりと黒ちゃんに大変身。娘は貝殻集めやら、砂だんご作りやらで、背中に水着の跡がくっきりと残っています。 妻はなんと減量成功の記念に、新しい水着を購入…フォッフォッフォッフォッフォ・・(Y)o\o(Y)

Img_2905私はとうとう、念願の天の川を、この目とカメラとに焼きつけることに成功しました。三石に泊まった3日のうちで、満天の星たちをはっきりと見ることができたのは、2日目の夜遅くだけでした。しっかり流れ星も観測~(ゝ。∂)

オメデトビーム!!(ノ・_・)‥‥…━━━━━━━☆☆ホシゾラニピーー

新・平成の晴れ男(調子に乗って勝手に命名その2)の前に、日中の雲はどこかに退散したのかな?!…海辺は湿気が多いので、レンズのKU・MO・RIとはずいぶん格闘させられましたが、おかげさまで思い出深い写真がたくさん撮れました。ミラクル\( ̄▽ ̄)/ウレピー

「D´SOLEIL的生活~ひだか編」を新たに作ってみました。その他に、フォトコレ3や宇宙旅行の写真もUPしましたので、ご笑覧ください(←)。しばらく、仕事メインの出張で完全に留守します。o(%)○シュワッチ東京!

| | コメント (2)

2008年7月26日

かぼちゃ&たまごろう

19時に、本州帰りのモリ@北見さんと待ち合わせ。TB-1+たまごろう(ニュービートルカブリオレ&スモールエッグ)で、再びふるさんAC場へ。

Img_2828TWO SMALL EGGS ~かぼちゃ(モリ@北見さんのスモールエッグ)とたまごろうの初顔合わせ~ もちろん、モリ@北見さん家族と私も… ((( ^^)((( ^^)((( ^^)((( ^^)爻(^^ ))) ヨロ~♪

前半はかぼちゃにて、後半はたまごろうにて、コーヒータイム(トラジャ・ママサ→アビシニア・モカ・9センチュリー→ブラジル・アララ) ~~□0_(^-^ ) welcome

Img_2858 …と言っても、ほとんどは野外で、私のスターウォッチングにお付き合いいただきました。ひさびさの星空が美しかったぁ。ちなみに、モリ@北見さんのところでは、日常的に天の川が見られるらしい…m(~-~m)~~~裏飯屋

月(月齢22.4)が中空を明るく照らす1時近くまで、すっかりとお邪魔してしまいました。素敵な写真も、たくさんお土産にできました。←ひさびさに「ソレイユさんの宇宙旅行」UP!なまはげキティーも好評でした(妻に)。

| | コメント (6)

2008年7月23日

海の日はふる山【後編】

Img_2787_2げほっげほっげほっげほっ…やけに煙が目に染みる(*_*) そんなふるさんオートキャンプ2泊3日になりました。

今回は燻製にチャレンジしたのですが、基本的な考え方がよくわかっていないために、いかも、豚肉も、豆腐も、みな燻製みたいなものにしかなりませんでした。◆←┐(-。-;)┌What's this?

おまけに、キャンプ場の無人販売所に売っていた「ししとう」は、実は「なんばん」の間違いだったようです。ひさびさに、妻の大粒の涙を見てしまいました。激辛!ブオォォ(`◇)<炎炎炎炎炎炎炎炎炎炎炎炎

娘も、どういうわけか、自転車の鍵を家に忘れてきたようです。)゚O゚( キィィィ

…というわけで、アクシデント続きの「海の日はふる山」キャンプも無事閉幕。来週は、いよいよ、本当の海キャンプへ行きます。三石オートキャンプ場へレッツゴー!王子海水浴デビューの巻、乞うご期待!ウミε( ̄。 ̄ε バブー

Img_2820_2 【追伸】新バッテリー購入価格23,000円也(税別)。┗(-_-;)┛オ・・オモイ・・・電源なしサイトをご利用のキャンカーユーザーのみなさん、バッテリーはまめに点検しておきましょうね。

| | コメント (21)

2008年7月22日

海の日はふる山【中編】

Img_2795ヘッド車のエンジンをかけた時だけ、スモールエッグの電気が作動するということは、バッテリーが死んだね~と、携帯℡でキャンピングレンタサービスのM氏。ふるさんAC場に着いた時に気がついたのですが、なんとバッテリーが完全に死んでいました。i~∧(-.-)

自然とキャンドルナイトというか…自動的にやらざる得ないというか…ふるさんAC場(電源サイトなし)での夜は、ありったけのろうそくを灯して、なんかエコっぽいキャンドルナイトになりました。ガ━━━━━━(;゜Д゜)━━━━━━ン

予定を大幅に変更して、夕刻は2晩とも温泉に行くことに。車で5分程のユンニの湯でまったりとお湯につかり、風呂上りを涼しくふるさんで過ごすことにしました。フ------(*^ 0 ^A------ウ

22時で外灯が全て消えた、真っ暗なサイトにて。妻と娘は、たまごろうDE快適睡眠。私はなかなか眠れない王子を胸に抱いて、深夜のナイトハイキングへ出かけました。

遠くからは、カエルの合唱n('◇')nn('◇')nn('◇')n…。まだまだ眠るはずもない、にぎやかな宴会サイトの横を通り過ぎ、2人だけでのんびり曇空の下を歩いていきました。

TB-1+たまごろう(ニュービートルカブリオレ&スモールエッグ)の、初めての遠出ドライブが、ここ由仁町でした。あの時は、娘と2人きりでした。(拙ブログ記事2006年6月5日,拙書SPLM21頁)

なんか、懐かしいなぁ…。あれから2年余りが経ちました。次号へ一応、続きます。

| | コメント (4)

2008年7月21日

海の日はふる山【前編】

Img_2776北海道SECOM(スモールエッグクラブオフミーティング)に新メンバーが登録。昨日、わが家の王子(息子8か月)のキャンプデビューに合わせて、里帰り中の新niuta家が、わざわざふるさんAC場に遊びに来てくれました。

今年のオフミは、新メンバーのniuta家のふーちんとそれいゆ家の王子の両名が加わり、さらににぎやかさが増した感じです。早速、記念写真(写真上)を撮りました。2台のスモールエッグにHA・SA・MAれて、今年はどんな思い出を作るのでしょうか?

Img_2770コブログで紹介されている天空の城テント(勝手に命名:写真中)にも、初搭乗。いい年齢こいて、このはしゃぎよう…脚立に乗る足があまりの高さに震えましたが、登ってみるとなかなかの快適空間でした。

Img_2811さて、今年の初キャンプ、またしてもアクシデントが…もうわざとやってるとしか思えない…なんて、この部品(悲しいピンボケ写真下)は一体何?(ToT)次号に続きます。

| | コメント (5)

2008年7月13日

納涼♪流しそうめん

Cimg0068暑中お見舞い申し上げます。

娘と2人で、地域のふれあいキャンプに参加。たくさんのボランティアの若い人たちに混ざって、年齢を忘れ、キャンプファイヤーを囲んで、レクに興じて来ました。 右手→┗( ・o・)┓ ┏(・o・)┛←左手 ┗( ・o・)┓┏(   )┛┗(・o・ )┓←回って ε=┗(・o・)┛←ジャンプ イワユル…アブラハム…ナド

夜はせまいかまぼこ型のテントの中で、子育てに励むオヤジ達といっしょに、ぐっすりと眠ってしまいました。いつもは、鳥の声で目覚める朝も、この日はフィールドを元気に走り回る子供達の足音で起きるほど。

Cimg0034 昼ご飯に食べたのが、流しそうめん(写真)。時折、さくらんぼやミニトマトが、すごい勢いで転がってくるのがなんともいえないお楽しみでした。一瞬で、さくらんぼか、ミニトマトかを見分ける子供達の目に、動体視力の衰えを感じたオヤジが1名ほどいました。ソレデモサクランボσ( ^ー゜)σ1ツゲッツ!!

…というわけで、みなさま、健康と交通安全に十分注意して、2008年の夏をエンジョイしてください。いよいよ来週はふるさんです( ̄ー+ ̄)キラーン!

| | コメント (6)

2008年7月 7日

キャンドルナイト2008

Img_2670今夜はめずらしく、8時過ぎには家中の電気を消して、静かにろうそくに火を灯してみました。洞爺湖サミットの夜、妻が探し出してきた七夕うちわ(娘の幼稚園時代のもの)といっしょに、薄明かりのなか、家族でぼんやりとした時間を過ごしました。

…同じことをキャンプ場でもやってみようと思います。

さて、いよいよ、仕事の方が煮詰まってきました。おれの夏はすぐ其処まできているε=ε=ε=ε=ε=┏( ・_・)┛イソゲェ!

| | コメント (4)

2008年7月 6日

夏のホームワーク

Img_2652庭野玉五郎(庭においてあるスモールエッグ)がとうとう31℃になり、今年の最高気温を更新しました。

昼食(庭でそーめん)をはさんで、娘は午前も午後も、学校の無料開放のプールへ避暑。うらやましいぞ、小学生~~(m-_-)m ウラマヤシイ~

私は、午前中100円均一ショップのダイ○ーでつっぱり伸縮ポール(85~120cm)を2本購入し、スモールエッグの左右の窓(内側)に取り付けました。王子(息子8か月)が、窓から転落するのを防ぐための柵です。…( -。-) =3 フウ

午後からは、炎天下の下で、寝室に置くサイドテーブルを作ったり、塀の補修をしたりと、日曜大工ですっかりと体力を消耗してしました。(;´▽`A`` イヤァツカレタ~

ただ今、来週キャンプで振る舞う予定の珈琲焼酎マタリクラシックの味をたしかめながら、気持ちよく飲んでいます。今日のお酒はやけに沁みるなぁ…(=^~^)o∀ウィップ

| | コメント (6)

2008年7月 4日

スモールエッグ3択クイズの答え

Img_2612正解は③でした。FIAMMA社のCARAVAN XL Aで、重量は5.3㎏です。愛用の折りたたみ自転車と娘の自転車の2台を、なんとかくくりつけることができました。ホームセンターで作業服用の布製ベルト(写真:黄色)を購入し、もしもの時に備えて、自転車2台をバーに固定することにしました。

Img_2593 装着後、お世話になっているキャンカー屋さんの駐車スペースで、早速ハンドルを左や右にいろいろと切って、キャリアとビートル(ヘッド車)が接触しないかを試してみました。トレーラーが前進の時は、キャリアがビートルに接触する心配はなさそうなのですが、後進の時にトレーラーが深く押し込まれると、ビートルのバンパーに接触するかもしれません。いわゆるジャックナイフ現象には要注意と言われました。

また、ビートルのバンパーやヒッチメンバーへの負担を考え、牽引時にはトレーラーの前後の荷重バランスにも配慮が必要です。愛車TB-1(ニュービートルカブリオレ)は、決して力持ちの車ではないので、たまごろう(スモールエッグ)をひっぱって長距離を運転する時は、エンジンの調子やピッチングなどの安全確認を、まめにしていこうと思いました。

…というわけで、いよいよ待望の7月キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!。来週の土・日は、娘と2人で近くのキャンプ場に、3世代ふれあいキャンプに行ってきます。その前に、SPLMフォッフォッフォ・・(Y)o\o(Y)

| | コメント (0)

2008年6月29日

スモールエッグ3択クイズ♪

Img_2621本日の天候(雷雨・突風注意予報)と、昨今のガソリン代高騰を考慮した結果、楽しみにしていたTB-1+たまごろうのドライブは、延期となりました。そろそろ人類(わが家)は、さまざまな観点から、地球の環境問題について真剣に取り組まなければならないようです。

急きょ予定を変更し、いつもの庭でBBQをやることになりました。実家のお母さまをお迎えして、カイセン┗(^_^)┛ウマウマ。娘は友達といっしょに、楽しく花遊び(写真上:なんかおいしそう)

私は残った炭火で、じっくりとコーヒーを焼くこと3種類…パールマウンテン(インド)・タンザニアスノートップ(タンザニア)・モカブラックエレファント(エチオピア)の本格炭焼きコーヒーの完成。結局雨にあたることもなく、今週もまったりとした1日を過ごすことになりました。あーなんかエコ…~~□0_(^-^ )

ということで、なんの脈絡もありませんが…。

Img_2617 スモールエッグ ニューアイテム 装着記念クイズ ♪ ~\(^0^\)(/^0^)/ ~♪

昨日たまごろう(わが家のスモールエッグ)新しいアイテムが取り付けられました。さて、これは一体何でしょう??…写真をよく見てね!

 ①くまの○゜ーさん

 ②スモールエッグ専用の手綱?

 ③サイクルキャリア(^_^)v

正解の方には、特別に筆者直筆サイン入りSPLM…なんちゃって。正解は次号のお楽しみ。あーなんてエコなんだろう… (^_^)y-゚゚゚゚゚

| | コメント (10)

2008年6月23日

今年も、イチゴ…イチゴ…イチゴ…

Img_2546 王子(息子8か月)をTB-1(ニュービートルカブリオレ)に乗せて、初のオープンエアドライブ。行き先はイチゴ農園。家族で、1年ぶりのイチゴ狩りに行ってきました。

Img_2554 今回は宝交早生&けんたろう。王子も摘みたてのイチゴをわしづかみにして、口いっぱいにほおばっていました。ε( ̄~ ̄ε イチゴウマウマ…

北海道のイチゴシーズンはまだ始まったばかり、ビニールハウスのあちらこちらに真っ赤なイチゴがまさに鈴なり。前回の反省(拙ブログ記事2007年7月2日,拙書SPLM102~103頁)を生かし、今回はコンデンスミルクを持参して、イチゴ三昧。昼食代わりに、お腹にイチゴをつめるだけつめて家に帰りました。

あまりにも熱中しすぎたのでしょう。帰り道で軽くめまいが…いわゆる熱中症オープンエアによる日射病とも)。気温は25℃を越え、親子4人はすっかり日焼けのおまけつきでした。

| | コメント (6)

2008年6月22日

2008年一番長い日

Img_2509_2 昨日6月21日は夏至。日の出が3:55、日の入が19:18で、この日は1年で日照時間が一番長いということになっています。

庭野玉五郎(庭においてあるスモールエッグ)の周辺の植物たちが、暖かな陽射しを浴びて元気に成長しています。昼ご飯は、娘が収穫したラディッシュをおいしくいただきました。もうちょっと酢が利いていた方が…と妻に伝えるも、感謝の気持ちは忘れられません。

Img_2530 早めの夕ご飯を食べて、部屋の電気を可能な限り消して、静かにキャンドルライト。残念ながら、星明りも…とまではいきませんでしたが、ボーっと時間が過ぎていくのを感じることができました。

まったりといい一日になりました。スモールエッグがわが家の庭に来て、家族のライフスタイルもすっかりと変わったような気がしています。

| | コメント (4)

2008年6月15日

初夏の候

Img_2508 何年かぶりに終電に乗り遅れるほど、飲み会で盛り上がってしまいました。最近愛用のウコンを食前&食後にしっかりと服用したにもかかわらず、今日1日は結局、頭も体もすっきりすることなく、庭野玉五郎(庭においてあるスモールエッグ)の周辺でぐったりと過ごすことになりました。

妻は朝から、洗濯&畑仕事。庭の花がきれいに咲き誇り、畑の作物も順調に伸びてきました。

いよいよ夏本番。今年の夏キャンプ第一弾は、父&娘で、ふれあいキャンプ(地域の子ども会主催)に初参加します。海の日は、ふるさんACへ山キャンプ。7月27日からは、1年ぶりの三石ACへ海三昧キャンプ。夏ヤットキタ――(゚∀゚)――!!

そろそろ、体調を整えなければ…と思う、日曜日の夕刻でした。

| | コメント (5)

«日没までに、つり鱒(マス)。